ローカルニュース

十和田湖ネイチャーセミナー2018 四季の支笏湖・十和田湖から学ぶこと

[ローカルニュース]
 固有の自然を有する地域の交流と、その地域での生業を学ぶ「十和田湖ネイチャーセミナー2018」が2月7日に十和田ビジターセンターレクチャールームで開講された。
 講師として第一部は寒冷地・産業構成・地理や歴史(カルデラ湖)など十和田湖と共通性のある地域「支笏湖」でダイビングなどを実施している株式会社オーシャンデイズ代表取締役社長・板谷貴文氏を招いて「支笏湖の湖中を探る」をテーマに講演は始まった。
neicyagaidotua1.jpg
 美しい湖中の映像を流しながらダイビングという生業を通じて地域の活性化につなげる活動を紹介。湖の中を観光地としてPRし、年間500人程がダイビング体験をしに訪れるという。他にも水質・水温を利用したお酒の熟成加工、スキューバーダイビングのインストラクターとしての生業の発展、ゲストハウスを設立してお客様を迎えたり、冬ならではの遊びで地域活性化につなげたりなど、体験できる自然観光を活かした事業を報告し、十和田湖の可能性を伝えた。
neicyagaidotua2.jpg
 第二部では写真家・岩木登氏が「0・01%の風景」をテーマに十和田湖・奥入瀬渓流などの写真、約250枚を音楽にのせてスライドショーで映像を流した。自然をとらえ、魅力溢れる写真から自然の美しさや壮大さを伝え、撮影活動を通じた生業を紹介した。
 映像も写真も見た人が行ってみたくなるような素晴らしい内容でPRの発信を事業・地域の活性化につなげるためにはどうすればいいか意見交換も行われた。