ローカルニュース

十和田湖冬物語に「23万5千人」が来場!

[ローカルニュース]
 毎年恒例となった十和田湖冬物語実行委員会主催の「十和田湖冬物語2018」が2月2日から2月25日までの期間、十和田湖畔休屋冬物語特設会場で開催された。陸上自衛隊八戸駐屯地の隊員がメイン雪像を制作。ステージイベントではなまはげ太鼓、桜田マコト、愛踊祭(ご当地アイドルによるアニソンまつり)で優勝したりんご娘や北里大学生「三源色」によるヨサコイなど様々なイベントで会場を盛り上げ来場者を歓迎、かまくらBARや多くの出店(ゆきあかり横丁)で寒い冬空に温かさを演出した。十和田湖冬物語は昼と夜とそれぞれに違った魅力があり、家族連れや外国人観光客なども多く見られた。19日間の来場者は約23万5000人を記録し、冬の十和田湖を盛り上げた。
huyuymonogatari2.jpg
↓人気急上昇のご当地アイドル「りんご娘」
huyuymonogatari1.jpg
huyuymonogatari3.jpg
↑吹雪の中、負けない笑顔で元気に踊ってくれた北里ヨサコイチーム「三源色」