ローカルニュース

株式会社福萬組と八戸学院大学の バスケットボールクリニックが共催!

[ローカルニュース]
 十和田市の地元企業、株式会社福萬組が八戸学院大学と共催し、地域スポーツ活動の活性化を支援していきたいとバスケットボールクリニックを企画。講師に福島雅人氏(現・山形銀行女子バスケットボール部ヘッドコーチ)、長南真由美氏(現・専修大学コーチ)を招き、2月24日に十和田市立南小学校体育館で市内・近隣の小学生約180名を対象に「八戸学院大学×㈱福萬組バスケットボールクリニック」を開催した。ドリブル技術などのファンダメンタル(基礎)を講師が指導し、大学生と小学生の子どもたちがゲームなどをして楽しんだ。
kukukurinic3.jpg
kukukurinic1.jpg
 長南さんは「まだバスケは始まったばかり、いろんなことにチャレンジして楽しんで欲しい」と挑戦する楽しさを伝えた。福島さんは「1日は1440分。そのうちの3分でいいからドリブル練習や英単語を1つ覚えてみる。1年経ったら身についている」と継続する大切さを伝えた。地元企業・地域の子どもたち・大学生・プロのコーチが集まったクリニックは参加したみんなを笑顔にし、大成功に終わった。
kukukurinic2.jpg