ローカルニュース

バラゼミ×東小=日本一の恵方巻き

[ローカルニュース]
 十和田市立東小学校3年生と保護者ら約150名が集まり、2月3日に十和田バラ焼きゼミナールと協同して「日本一長いバラ焼き入りの恵方巻き」作りにチャレンジした。
higasibarayaki03.jpg
 初めにバラゼミ舌校長の畑中氏からなぜバラ焼きでまちおこしなのか?B‐1グランプリやバラゼミの今までの活動をスクリーンで紹介しながら観光の原点はふるさとを支える力、十和田プライドの構築が必要だと論じた。そして子どもたちに今回はバラ焼き入り恵方巻きの日本一を目指すが、それぞれに得意な事や好きな事を頑張ってオンリーワンの人間になって欲しいと呼び掛けた。ただバラ焼きをやるのではなく、なぜやるのか?それがどういう結果につながるかまで説明を聞いた児童・保護者らは真剣な笑顔で恵方巻きに取り組んだ。
higasibarayaki01.jpg
 つなげたテーブルの上にラップを引いて、長く伸ばして敷いた海苔に酢飯をのせ、バラゼミメンバーと一緒に鉄板で調理した玉ねぎとバラ肉を炒めたバラ焼きをトッピング。それを畑中舌校長の掛け声で合わせて一気に巻いた。全員でゆっくりと持ち上げ長さを計測。最長となる【38・6㍍】を記録し、バラ焼き入りの恵方巻き日本一の長さを更新した。児童・保護者らは歓声を上げて喜び、作った恵方巻きを笑顔で食べた。
higasibarayaki02.jpg