ローカルニュース

☆ 今月のスポットライト ☆ 岡部 あゆみさん

[ローカルニュース]
書く・聴く・話すことの大切さを伝えたい
言葉と文字のコミュニケーション講師
okabeayumi.jpg
日本習字あゆみ教室
講師 岡部 あゆみさん
 今月は「日本習字あゆみ教室」講師、岡部あゆみ先生を訪ねた。昭和41年10月23日生まれ、十和田市出身。三本木高等学校を卒業してから昭和女子大学日本文学科へ進学。卒業後は東京のイベント会社へ就職。その後、映画やCMの制作会社へ転職し、アメリカ支社の起ち上げメンバーとしてロサンゼルスへ出向、帰国後に諸事情により退社し平成11年に帰郷。帰郷後は職業訓練校で社員研修講師、コミュニケーション講師、カルチャースクール講師などを務めながら人材育成事業に携わり幅広く活躍。平成13年に「公文式ひがしの団地教室」を開設。6歳から習っていた習字を活かし、十和田市や八戸市で美文字講座を開催する。「言葉と文字のコミュニケーション」をテーマに日本習字あゆみ教室を平成26年にみちのく温泉隣にある神社「お不動さん」で始めた。
 子どものころはアナウンサーになりたかったという岡部さんは話しをするよりもどちらかというと聞く方が得意だという。近年、社会問題にもなっているスマホ依存症。最近では手紙や対話が苦手な子供が増えている現状があり、美文字講座やコミュニケーション講座など字と言葉を伝える講師を務めると共に、以前よりも字と言葉の大切さを想う。顔も見ない、声も聞かないメールや絵文字だけに依存していてはコミュニケーションの本質は失ってしまうだろう。「言葉は一瞬で消えるけれども字は書くことで形として残るもので、字は書かなくても気持ちを伝える言葉は心に想いとして残る。」と語る。
 岡部さんの習字教室は神社の中という事もあり、昔の寺子屋のような雰囲気で中に入ると心が落ち着き背筋が伸びる。字を上手くするためだけが目的ではなく、生徒とのコミュニケーションも大切にし、字と心を整えることで社会での自立につながるように心掛けていきたいと語った。現在はキャンペーン中で入会するとお習字セットがプレゼントされる特典付き。4歳から成人の方までが対象。お問い合わせは...090‐7074‐4768(岡部あゆみ)迄