ローカルニュース

これからのお米の消費をどう救う? 地産地食「まっしぐら」の可能性を考える

[ローカルニュース]
 上北の「まっしぐら」地産地食推進協議会の主催で「まっしぐら地産地食拡大フォーラム」が3月7日に十和田おいらせ農業協同組合本店3階で開催された。
 第1部の基調講演として「東京・原宿から見えるお米の消費動向~お米は古くて新しい商材~」と題し、小池精米店・三代目、五ツ星お米マイスター・小池理雄氏を講師に招いて開講した。
 日本の主食でもある「お米」の消費量は毎年減少している。原因としては、炭水化物ダイエットの流行、パンやパスタなどの他食材との競争があり、そこから品種間、産地間の競争がある。
 現在は全国的にも「青天の霹靂」など高価格帯のお米が増えている現状に対して、総消費量は減っている問題がある。各地で特色のあるお米がたくさんある中で、青森の推奨米「まっしぐら」はどうPRしていけばいいのか?消費量を増やす工夫は何があるか?価格はお手頃、お米マイスターとして8種の評価項目で示し、味も和食にも洋食にも合うポテンシャルがあるお米で、いい意味で基準になるお米だと小池氏は評した。和食の寿司屋やイタリアンのレストラン、焼肉屋やお弁当屋で求められるお米の特徴は変わる。ではまっしぐらは何と合うのか?その問いを残したまま、小池氏の活動の一部を紹介した。
 ご飯の新しい食べ方、お米ゼミの開催、ごはん検定~めしけん~の実施、ごはん生活研究所の開講、表参道ごはんフェス、おにぎりの可能性...などお米の楽しさを体験してもらうイベントなどでお米の新しい可能性を探し、消費拡大につなげるために実践してきたことを紹介した。
massigura.jpg
 第2部ではテーマを「地元のお米まっしぐらをおいしく食べる」と題し、上北地域県民局地域農林水産部次長・岸春光氏をコーディネーター、赤沼営農組合理事・沼田孝春氏、株式会社産直とわだ事務局・太田美幸氏、十和田バラ焼きゼミナール舌校長・畑中宏之氏、講師を務めた小池氏をパネリストとし、パネルディスカッションを行った。
 沼田氏は赤沼ファーストを提唱し、川原にある土地で取れるお米とPR。太田氏はまっしぐらを使った農アイスの加工開発や産直コーナーで生産者と消費者をつなげる工夫などを伝えた。畑中氏は「県職員と農業従事者がしっかりと手を取り合ってつなげたい。まちおこしと地産地食は切り離せない。人を呼ぶため、物を売るためには地元の人がまず食べるところから始めないといけない。価値に気が付かなければ価値がないのと同じくなってしまう。どの米も美味しくて当たり前だから、どうPRするかが大事」だと語った。小池氏はまっしぐらは何にでもあう基準となる米として様々な料理に提案が出来るとまとめた。