ローカルニュース

国際ソロプチミストから奨学金贈呈

[ローカルニュース]
 国際ソロプチミスト十和田から第24回目となる奨学金の贈呈式が3月行われた。
 今年度奨学生として選ばれたのは山崎くん(一身上の都合のため名前と顔は伏せます)。会場には卒業生の田中ジェランさん、22回生の畑山満有さん、23回生の神村唯斗さんも出席し、贈呈式は開会した。
 稲本佐矩子会長は「義務教育も終わり今までの事を想いながら高校生活が始まる。夢を持って成し遂げて欲しい」と激励した。
 東中学校橋本央樹校長は「私の部活の教え子でもある山崎くんは部活を通して成長してくれた。このような支援を受けれることは嬉しい」と挨拶。
 山崎くんは「私は母一人で育てられお金の面でも苦労させています。担任の川上先生には奨学金の事で相談していて、受けられる事が決まった時には家族のように喜んでくれました。いつか母にも恩返しがしたいです」と感謝の気持ちを述べた。
 母は「見ず知らずの私たちに手を差し伸べてくれる団体があることに感謝します。息子が素敵な大人になる事を願っています」と挨拶した。
 また、国際ソロプチミスト十和田では5月27日に女性と女児の笑顔のためにと第3回チャリティー茶会を企画している。
soropuchizoutei.jpg