ローカルニュース

雨も駆け抜けた奇跡の開催!十和田湖畔を疾走するランナー!

[ローカルニュース]
 十和田湖の美しさを肌で感じながら秋田県と青森県にまたがり湖畔を疾走する第3回「十和田湖マラソン」が7月8日に開催された。今回は秋田県大川岱からスタートするハーフコース、そして体力に自信のない方でも参加し易いように休屋スタートのクォーターコースを新設。事前登録ではハーフ429人、クォーター194人がエントリーし登録参加者は600人を超えた。
 前日から降り続ける雨に開催も心配されたが天気予報を覆し、朝の4時には雨は止み、心地よい風と太陽が道路を乾かした。そのためか当日は少し減ってハーフ378人、クォーター169人、トータル547人が十和田湖マラソンに参加した。
towadakomarason182.jpg
 開会の挨拶では十和田湖マラソン大会実行委員長・佐藤百年さんが「3回目ということもあり、今年からクォーターコースも新設。ランナーも若い人だけではなく年輩者(最高齢は81歳)も増えた。ボランティアスタッフも学生が多いので交流を楽しみながら十和田湖の魅力を感じて欲しい」と開催出来る喜びと感謝の気持ちを伝えた。選手宣誓では今大会最年少の秋田県立花輪高等学校・米田依里湖さんが大きな声で元気に選手宣誓を誓った。
towadakomarason183.jpg
towadakomarason184.jpg
 ハーフコースの選手は遊覧船に乗船し、スタート地点の大川岱に移動。会場では十和田西高等学校の生徒らが荷物受け取りや水分補給の提供などを行い参加者を歓迎した。
towadakomarason185.jpg
十和田湖マラソンは県境を越え、湖畔に面し、カーブが多く、そして最大標高差184mの起伏あるコースを走る事が特徴だ。ランナーの準備も整い、号砲で一斉にスタート!ゴールのある子の口までランナーは笑顔で駆け抜けた。
towadakomarason186.jpg
 十和田商工会議所青年部が主催となり開催している十和田湖マラソンではコース途中の給水所、ゴール地点、特設会場に十和田湖小中学校、十和田第一中学校、北里大学生らがボランティアスタッフとして汗を流し手伝ってくれる姿があり、参加したランナーからも「子ども達から元気をもらった」など好評な声もあった。
towadakomarason189.jpg
towadakomarason188.jpg
towadakomarason187.jpg
towadakomarason1810.jpg
towadakomarason1811.jpg
 閉会式がある特設会場ではまちおこし団体バラゼミの「十和田バラ焼き」と十和田特産品を使った「十和田湖ひめます汁」が無料振る舞いされ、疲れたランナーの身体を癒していた。表彰式では賞状と上北農産加工(株)からスタミナ源たれが」手渡され、ランナーたちはお互いに労をねぎらい祝っていた。
towadakomarason1812.jpg
 大会結果は以下の通り...(※1位のみ記載)【ハーフ男子】▽高校生以上39歳以下/加藤和彦(宮城県)1時間17分52秒▽40歳代/尾崎紀幸(秋田県)1時間16分22秒▽50歳代/河野献(山形県)1時間20分43秒▽60歳以上/石岡博幸(弘前市)1時間27分13秒  【クォーター男子】▽高校生以上39歳以下/木村高雄(秋田県)44分17秒▽40歳代/里村喜美夫(十和田市)45分9秒▽50歳代/佐々木重信(青森市)46分48秒▽60歳以上/赤坂裕司(岩手県)58分31秒  【ハーフ女子】▽高校生以上39歳以下/鈴木絵里(秋田県)1時間20分18秒▽40歳代/氷上奈穂子(東京都)1時間46分8秒▽50歳代/赤坂玲子(岩手県)1時間35分40秒▽60歳以上/秋田秀子(秋田県)1時間46分10秒  【クォーター女子】▽高校生以上39歳以下/田山礼美(秋田県)56分0秒▽40歳代/苗代沢栄里(秋田県)50分18秒▽50歳代/石岡祐子(青森市)1時間2分44秒▽60歳以上/篠本典子(神奈川県)1時間4分6秒
towadakomarason1813.jpg