ローカルニュース

さまざまな分野で地域の発展に有効活用! DIN(ドローンイノベーションネットワーク)設立

[ローカルニュース]
 現在メディアの放送などでも多く使用される「ドローン」。ヘリコプターを飛ばさなくても上空からの調査・警備・空撮に有効な手段でもあり、災害調査、鳥獣被害対策、プロモーションビデオの撮影、大規模構造物の調査・点検、農作物の生育状況の把握や農薬散布にいたるまで多岐にわたり今後の様々な分野での更なる活用が期待されている。しかし、ドローンはあっても(購入は誰でも可能)法律を守り、許可がなくては使用できない。許可が下りても技術者がいなければ有効活用できない。そこで情報の共有や防災減災及び地域の発展に資することを目的とした「ドローンイノベーションネットワーク(以下DIN)」を7月30日にサン・ロイヤルとわだで設立した。
dororninove1.jpg
 当日は様々な目的に適したドローンが展示・紹介され、デモ飛行なども行われた。防災・防犯・建設・調査など有効活用できる場面がイメージできる。会員の他にも消防署、警察署、市役所、建設業協会からも来賓として参加があったことからも、これからのドローン有効活用には注目が高いことがわかる。
dororninove2.jpg
 発起人でもあり、DINの会長と選任された株式会社大阪・関川明氏は「ドローンというアイテムは様々な場所で多岐にわたり更なる活躍が見込める。有効活用と安心安全を推進していきたい」と挨拶した。
dororninove3.jpg
技術顧問として選任されたITH合同会社国土交通省認定ドローン講習団体・高見雅之氏は「ドローンが普及し無くなった仕事もある。景色ではなくデータとして残すことを目的として管理することに意味がある。」と災害にあった町の景色の前と後を比べる映像を紹介し、原因を解明することで今後の防災にもつながると伝えた。現在は雨の中でも飛ばせるドローンも開発されており、災害緊急時に薬や食料などの物資の供給にも期待できると伝えた。