ローカルニュース

☆ 今月のスポットライト ☆天間 義昭さん

[ローカルニュース]
県内開催の数々のマラソン大会で連覇を狙う市民ランナー
tenmayosiaki.jpg
 ここ数年、県内の数あるマラソン大会で連覇を達成するなど、優秀な成績を残している天間義昭さんを訪ねた。七戸町出身、昭和29年5月27日生まれの64歳。自衛官として北海道や八戸など転勤が多かった事もあり、交通などの利便性を考え、平成5年に十和田市に移住した。54歳で自衛官を定年退職。退職後には興和ティムスに入社し、中央病院の医療事務として派遣され働いている。スキーの指導員として身体を動かしていた時期もあり、元々運動は得意だったが60歳になる頃に体力の衰えを感じてくる。それがきっかけで健康維持のために60歳からマラソンを始めたというから驚きだ。体力には自信があったが初年度は10位に入れるかどうかの惨敗だった。それが逆に天間さんに火を点けた。それからは計画的に練習をし、大会に向けてのコンディション作りなど1年を通して体力作りをした。次年度からは年間に10ほどある県内のマラソン大会で優勝や準優勝の成績を収める程となった。当面の目標は10月7日に開催される第16回アップルマラソンでの3連覇と語った。
 マラソン大会の世代別に評される仕組みでは60歳代の部で毎年自分は1つ歳を取り、若手(60歳)が入ってくる。69歳の頃には60歳の人と一緒に走る事になる。体力的には厳しいがそれも面白味の1つだという。時間とお金と体力を使ってまでマラソンに参加する理由は苦労が報われる瞬間を体感できること、顔見知りのライバルともお互いを認め合い競い合えることだという。夢は70歳まで走り続けてアップルマラソンの70歳代の部で優勝する事だと語った。