ローカルニュース

☆ 今月のスポットライト ☆髙森 むつみさん

[ローカルニュース]
カフェ・エステ・絵本作家など他業種にわたり活躍している髙森 むつみさん
takamorimutumi.jpg
 おいらせ町で2011年に創業。現在は六戸町小松ヶ丘に移転オープンした「TUBO Café」を経営し、絵本の作家・紙バンドのハンドメイド教室・美食・美容コーディネーターなど、多業種にわたり活躍している髙森むつみさんを訪ねた。昭和51年12月1日生まれ、三沢市出身。六戸高等学校を卒業後は理容師の資格を取るために専門学校に通いながら実務を積むために働いていた。20歳で資格を取得したが諸事情のため理容業界へは残らず、旧とうてつのパートとしてレジ・接客を学ぶ。21歳の若さで結婚・出産し子育てに専念。主人の職場の社宅で過ごしていた。おいらせ町に家を建てた頃に主人の転職も重なり自分も子育てをしながら仕事を探す事となった。自宅で紙バンドを使ってバックなどを作る教室を開き、子育てと両立しながら働いていた。子どもが小学生の頃に図書ボランティアをやっていた流れで図書室の大改造を任せられる。本に興味を持ってもらおうと清掃・整頓・装飾など考え、その頃に自分で作ってみようと思い約1年半かけて完成したのが「ゆめひつじ」だった。また、父がうなぎ職人だったためか料理に関しての技術が身についていたため、資金的な問題を約3年かけて乗り越え、車庫をカフェに改装し「TUBO Café」をオープンした。オープンしてから最初の一週間はお客様がこなかった思い出は忘れられない経験だと語る。周知のための宣伝をし、大人でも子供でも食べられる料理を考え提供。健康食ブームもあり、経営も少しずつ安定してきた。6年間続けてきたおいらせ町から引っ越しを兼ねて開発が進んでいる小松ヶ丘に移転オープンし新たな活躍の場を広げている。