ローカルニュース

公益社団法人三沢青年会議所 第56代理事長 有限会社中村整地興業 専務取締役 中村貴大さん

[ローカルニュース]
2019年度スローガン PRIDE~誇れる仲間、誇れる地域を~
故郷の土と向き合い、郷土を愛する仕事人
nakamuratakahiro.jpg
~中村貴大さんプロフィール~
 昭和54年2月23日生まれ(39)三沢市出身。中学卒業後は八戸工業大学第一高等学校土木科に進学。高校卒業後は北海道にある専修大学北海道短期大学土木科に進学し、卒業後は家業を継ぐために帰郷した。
 創業は昭和51年。平成元年に中村整地から「有限会社中村整地興業」として会社設立。専務取締役として会社と地域の発展に貢献する。
 2010年に公益社団法人三沢青年会議所に入会し、56代理事長として就任した。

 公益社団法人三沢青年会議所(以下、三沢JCと略)の56代理事長として就任した有限会社中村整地興業の専務取締役・中村貴大さんを訪ねた。
 中村さんは三沢市で生まれ、八戸の高校へ進み、北海道の大学へ行って家業を継ぐために地元に帰郷。当初は主に水田の整地などを受けていたが市役所からの元請けで規模の大きい仕事を受けるためには一級土木施工管理士が必要だった。社員で資格取得をしてる人がいなかったため、最初に資格取得に専念し、創業昭和51年、会社設立は平成元年となる有限会社中村整地興業の専務取締役として会社と地域に貢献してきた。
 2010年に三沢JCに入会。きっかけは選挙時に会った司会者(当時のJCメンバーの程川さん)の人前で堂々と話しをする姿を見て憧れたことだという。入会してからは会社も忙しかったため、ほとんど参加は出来なかったが2年目に「人づくり委員会」の委員長を任せられた。そこでJCメンバーが何のために誰のために活動しているかを知った。
 去年、同大学卒でもあり、理事長だった新堂さん(現直前理事)から力を貸してほしいと言われ副理事長を任せられた。去年の三沢JCの一大事業とも言える「東北青年フォーラムinMISAWA」「創立55周年事業」では地域の様々な人と協力したり、お願いをしたりなど、全国から集まってくるJCメンバーや地域の方々のために走り回ったことは自分の大きな成長につながったと思うし、そのつながりを大事にしていきたいと語った。
 今年、三沢JCの理事長として就任し、スローガンを「PRIDE~誇れる仲間、誇れる地域を~」とした。
 去年経験できた素晴らしい活動に対する恩返しとして、JCメンバーが今年からどう変わったのかを見せる年でもあるという。まずは本年度スタートの多くのメンバーが入会5年未満であるため、会員拡大と会員の教育に力を入れていきたい。この地域のために何が必要か、今後どうあるべきかを真剣に見つめ直し、誇りを持って行動することが恩返しにつながると思うと語った。
 今年度の事業としては地域を誇れる青少年育成のための三沢沖縄児童交換事業。育つ環境の違う子どもたちが地域や自然との関わりを感じることができるコミュニケーションを通じて、自分の住む地域の魅力と誇りを感じて欲しい。また、メンバーの意識を高めるための市長との懇親会や拡大セミナー、三沢国際サマーフェスティバルやチャリティーゴルフコンペなど、毎年行っていることをもっと発信できるようにしたいと意欲を見せた。
 新しい取り組みとして、予定ではあるが8月頃に30歳の若者をターゲットにした「三十路式」を企画したい。UターンやIターンなどにつなげるために地域の魅力を再発信できる場にしたい。若者が帰郷できない理由の一つとして「仕事がない」とあるが、地方の人手不足は深刻だ。若者が挑戦できる地域の開発化に繋げていき、恩返しがしたいと笑顔で語った。