ローカルニュース

信じる。挑む。~「自分次第」が導く価値づくり~ 公益社団法人十和田青年会議所 第63代「国分 聡」理事長が挑戦すること

[ローカルニュース]
 公益社団法人十和田青年会議所(以下、十和田JC)が2019年度新年祝賀会を1月22日に富士屋グランドホールで開催した。同会議所の会員、県内の青年会議所メンバー、政治・経済関係者など約150名が出席し、新年を祝い挨拶を交わした。
 オープニングでは北里三源色が景気づけにヨサコイを披露。こっそりと大学生と一緒に必死に踊る十和田JC第63代国分聡理事長も見え、会場から大きな拍手を浴びた。息の上がったまま壇上へ上り、呼吸を整えてから新年度の挨拶。
senenkaigisyosinnenaki.jpg
 「今年のスローガンは『信じる。挑む~自分次第が導く価値づくり』とし、5つの基本方針を軸に活動していく。
 失敗しても笑顔で挑戦し続ける活動で種を蒔き、明るい未来の花を咲かせるために活動していきたい。十和田JCの魅力と価値を発信し、会員拡大を目指す。そのために知識や経験を得るためだけの団体ではなく、多くの人とのつながりを成長につなげられる共感性の高い価値を生み出していきたい。今年は25名スタート。1年後には45名在籍を目指し取り組んでいきたい。
 平成から新しい時代に変わる。新たな地域ビジネスモデルとなるため、多くの企業家と連携し、地域経済の発展にも寄与したい。
 青少年育成にも目を向け、現代の子どもたちに必要なのは希望を持った大人の姿を見せる事だと思いました。周りへの感謝、夢を持てる子どもを育成するために活動したい。
 秋祭り中日運営は47回目を迎える。先輩方からの伝統を伝えてきた。もっと多くの人に知ってもらうために共同性が必要。伝統を守りながらも、新たなことにも挑戦もしていきたい。
 私たち会員一同はまだまだ未熟ですが、笑顔を忘れず、真剣に取り組んでいきます。」と新年度の取り組みを約束し、挨拶した。
 小山田市長は「十和田市は人口減少・高齢化も進んでいるが、新たに企業を起こす人も多い。通りすがりではなく、目的人口を増やしていき、稼ぐ地域にしていく。DMOも4月から稼働する。若い人たちの力を大いに期待しています。」と祝辞を述べた。
 関係者代表各位が鏡開きを行い、齊下勝弘特別会員会長の乾杯の音頭で今年一年の発展を祈念した。