ローカルニュース

ベストローカルストアを目指す「カケモ」の2019スローガン 大変な時代だからこそ「諦めるな!諦めるなということを忘れるな!」

[ローカルニュース]
 2019年、創業113周年、会社設立61周年を迎えた十和田市のベストローカルストア「カケモ」の新春交換会が1月10日に富士屋グランドホールで開催された。
 取引のある企業・業者から約150名が来場し、カケモグループの新年の基本方針や決意を聞きながら交流を深めた。
 初めに代表取締役会長の欠畑了治氏(86)が「カケモが時代の流れと共に歩み続け創業113年、会社設立61周年を迎えられたことに感謝。お客様、従業員、業者のために接客サービスの向上、品揃えのレベルアップをしていきたい」と挨拶した。
kakemo20191.jpg
 次に代表取締役社長の欠畑茂治氏が挨拶。「去年は視察のためにシアトルへ行ってきました。アメリカ西海岸では建設ラッシュで人が賑わう町があり、そこで50坪ほどの小さなお店に入りました。その店はQRコードで入店し、カゴに商品を自由に入れてそのまま店を出る無人店でした。日本でも同じような店があるが理由は人手不足のためではなく利便性のため、ネットショッピングやデリバリーなどが普及していく時代にローカルストアがどうやって生き残るか考えさせらました。今年は新元号に変わり、消費税の増税など、かつて経験したことがない波がある。大変な時代だからこそチャンスはある。近年活躍が多いスポーツ選手を見て感じた『諦めない』ことをスローガンにしていきます」と力強く語った。
 挨拶後には役員及び、各店舗の店長、各部門のバイヤーらが壇上に上がり、今後益々の発展を約束し挨拶をした。
kakemo20192.jpg