ローカルニュース

きちんと分別できるかな? 平成30年度幼児向けリサイクル教室

[ローカルニュース]
 十和田市まちづくり支援課では平成22年度から循環型社会の形成を目的とし、幼児期から環境保全の意識向上を図るため、市内21の保育園・幼稚園・こども園を回りながら資源ごみのリサイクル教室を開催している。
risaikurukyousitu.jpg
 紙芝居「ゴミラスくん」を読んでから、資源ごみの分別ゲームを行い、そのゴミがどんなものに生まれ変わるのかを伝えた。きちんと分別することで、プラスチックはバケツに、紙はトイレットペーパーに、アルミ・スチール缶は新幹線に、ペットボトルは服になることに園児らは驚いていた。