ローカルニュース

お菓子のみやきん全国展開ブランド 「みやきんハーヴェスト」が誕生!

[ローカルニュース]
 お菓子のみやきん代表取締役・宮沢一史氏が、全国展開の新ブランドとして3月21日に「みやきんハーヴェスト」を立ち上げ、青森県内外への販路を拡大していくことを報告。第1弾の企画として健康志向に重点を置いた新しいクッキー「七戸カシスとチアシード」と「青森りんごとチアシード」を新発売する。3月21日に青森市のA‐FACTORYにて試食発表会を行った。ブランドコンセプトとして「収穫」を意味する「ハーヴェスト」と名付けたのは青森県産の果物や野菜を使用した新たなスイーツの魅力を届けたいとの想いから。県内8店舗で販売している従来通りの和菓子・洋菓子との差別化を図るために、新ブランドは県内外の商業施設や空港や駅、道の駅などでのみ展開していく。
miyakinsinsyouhin.jpg
 健康に関心のある働き盛りの30代から40代の女性をターゲットに、体に優しいスーパーフードと青森県産品を使ってボリュームある商品開発をした。「七戸カシスとチアシード」は自社農園で収穫された農薬不使用のカシスとオートミールや玄米、もち大麦との組み合わせで、クセになる程よい酸味とザクザクとした食感とソルティ―な味わいが特徴。「青森りんごとチアシード」は青森県産のりんごとチアシードやくるみ、大豆粉などを使用し、食物繊維たっぷりの爽やかな甘さが特徴となる。