ローカルニュース

(有)プロスクリーン 代表取締役 第63代 公益社団法人十和田青年会議所 理事長 国分 聡さん

[ローカルニュース]
信じる。挑む。~「自分次第」が導く価値づくり~
kokubunsatosi2.jpg
~国分聡さんプロフィール~
※以前に仕事人で紹介しているので割愛させていただきます(詳しくはネット新聞「夢追人」で検索)2019年度公益社団法人十和田青年会議所の第63代目の理事長として就任する。
 第63代目の公益社団法人十和田青年会議所(以下JC)理事長として就任した国分聡さん。自身が数年前に拡大委員長を任された時に拡大大賞部門別全国1位を受賞した実績を持つ。もちろん自分の力だけではなく、メンバーの助けがあってこそ成せたことだが、増やす事を目的しても個人の成長につながらないと感じた。会員拡大を第一にするのではなく、会員育成を重点に置きたい。まずはメンバー自身に魅力的な組織だと感じてもらうこと。そうする事が結果として会員拡大につながると語った。JCで1年ごとに役職が変わる理由として、経験を積ませることがある。経験とは悩んだり、失敗したり、怒られたり、たまに褒められたりすること。大人になってからも失敗を恐れず、新しい事に挑戦していきたい。仕事の幅を広げるためにも、仕事の
仲間を増やすためにも、仕事と兼務するからこそ得られる価値がJCにはあると知って欲しい。
 十和田市はDMOの設立を追い風に観光ビジネスに力を入れる流れになっている。JCはまだ地域の魅力を見つけるための意見出しの段階だが、青年経済人としてビジネスチャンスを掴む力を養う機会をどんどん創っていきたい。中日お祭り広場では来年が50周年となるので、今年は来年に向けて何をするか考える年。もっと人を呼べるような仕掛けを考えていきたい。青少年育成事業では恒例となった職業体験をもっと子供たちの成長につながる内容に進化させたいと考えている。
 理事長として就任した今年の初めに、父が亡くなり、周りには「大変だね」と言われる事も多いが、仕事面も精神面でも仲間に支えられ、助けられることが多く、本当に感謝している。JCに入会して良かったと言われるような組織作りをしていきたいと語った。