ローカルニュース

食でつながる親子の時間「こども食堂」が開催!

[ローカルニュース]
 食を通じて健全な子どもの育成を推進するとともに、子を持つ世帯を中心として地域全体が活性化していくことを目的とした「十和田こども食堂」が5月5日に市民交流プラザ トワーレで開催された。
 親子で触れ合いながら食の大切さを学び、地域の特産物などを使ったメニューを食べて欲しいと、市内で介護施設を営む水尻和幸さんを発起人として「十和田子ども食堂実行委員会」を起ち上げ、市内外から趣旨に賛同してくれたボランティアスタッフの協力のもと、企業や個人からも食材の提供を受け、第1回目の子ども食堂を開催することが出来た。
kodomosyokudou1.jpg
 子ども食堂には約100名の親子が参加し、3回に時間を分けて実施。集まった約60名のスタッフらのおもてなしを受けた。メニューは青森シャモロック№6を使った唐揚げや、みのる養豚から提供されたウインナー、ゆいちゃん農園のピクルス、小関麺興商事の生パスタを使用したナポリタン、地元野菜をふんだんに使った炒め物やスープなどボリューム満点で栄養バランスにも気をつかった料理となっている。参加した親子らは会話を楽しみながらお腹いっぱい美味しい料理を食べた。今後も定期開催する予定
kodomosyokudou2.jpg
 また、同時開催の鉄道模型展も賑わいを見せていた。こちらは同会の水尻さんの趣味で集めているものを提供展示。レンタルや展示走行の受付もしている。お問い合わせは...0176‐27‐1815(ホビースタジオ笑輪)迄。