ローカルニュース

あらや土地家屋調査士事務所 株式会社ATZ 代表取締役 土地家屋調査士 新谷 智央さん

[ローカルニュース]
地上から空まで
arayatomohiro.jpg 
~新谷 智央さんプロフィール~
 昭和56年7月11日生まれ(37)十和田市出身。八戸高専に進学し、千葉大学へ編入。大学を卒業してからは地元にある建設会社、田中建設工業(株)に入社し、現場監督として勤める。約3年勤務してから八戸市にある土地家屋調査士事務所へ転職した。働きながら29歳で土地家屋調査士の資格を取得し、会社で勤務しながらも個人でも独立起業した。30歳で北園小学校前に会社を設立。従業員の増加により現在ある切田通りに移転した。
 若くして会社を起業し、土地家屋調査士事務所だけではなく、ドローン専門の株式会社ATZや行政書士事務所も兼任する「あらや土地家屋調査士事務所」の代表を務める土地家屋調査士の新谷智央さんを訪ねた。
 新谷さんは大学を卒業してから、地元の建設会社に就職。一旦は八戸市の土地家屋調査士事務所に転職し、資格を取得し、30歳の若さで十和田市で起業した。平成26年の株式会社ATZを起ち上げ、不動産管理や測量業務の他にドローン会社として空撮やPV作りなど、様々な事に携わっている。また、今年5月には行政書士事務所も起ち上げた。地方では深刻な課題になっている空き家を活用するために、所有権や相続権など法律が絡む問題を自社で解決できるようにと語った。新しく家を建てる人のための分譲の業務も多くなっている一方、後継者のいない高齢者の家も増えている。
 仕事が増えると人が増える。人が増えると出来る事が増える。必要な資格を持っている社員を増やす事で、市内外の仕事を拡大していきたいと語る。自身は休みも返上して忙しく働く理由は、将来、ライバル会社が増えたり仕事が減ったりと淘汰されていく時代がくるかもしれない。その時に従業員と一緒に生き残れる会社でありたいと語った。