ローカルニュース

小川大輝くん(東中3年)レスリング48㎏級全国一位に輝く!

[ローカルニュース]
 東中学校3年生の小川大輝くん(十和田レスリングクラブ所属)が、6月8日・9日に茨城県水戸市東町運動公園で開催された「2019沼尻直杯全国中学生選手権」の48㎏級で出場選手83名、7試合を勝ち上がり見事優勝した。翌日10日には清水目伸監督と一緒に丸井教育長を表敬訪問し、結果を報告。
 清水目監督は「大輝くんは素直な子。試合中は素直過ぎてはいけないが、練習の成果をしっかりと出せた。現ルールでは守っている方がポイントを取られるので攻めの指導、攻めの姿勢で優勝出来たと思う」と報告。
 大輝くんは「3才からレスリングを始めた。先に始めていた兄の背中を見ていて、今まで自分だけが優勝出来なかった。今回は目標としていた優勝が出来て嬉しい」と報告した。小川家は三兄弟で大輝くんのお兄さんは長男航大さん(日本体育大2年)、次男颯太さん(八戸工大一高3年)が共に優秀な成績を収め活躍している。
 丸井教育長は「自分が教諭だったことから知っている大輝くんがこんなに大きくなって成長した姿を見れて素直に嬉しい。怪我をしないように頑張ってほしい」と優しく声を掛けた。
resuringunihonichi.jpg
 小川くんは11月に台湾で開催されるU‐15のアジア大会に日本代表として出場予定。大輝くんは「日本代表として恥じらないように戦いたい」と静かに闘志を燃やしている。近い将来、十和田市からオリンピック選手が出ることを期待して小川3兄弟を応援していきたいと感じた。