ローカルニュース

十和田市の魅力をダンスで発信! インバウンド十和田・米内山氏が制作発表!

[ローカルニュース]
 多言語観光パンフレットや動画の制作など、十和田市の魅力を世界へ発信する市民団体「インバウンド十和田」が6月10日に市民交流プラザ トワーレでオリジナルダンスの制作を発表した。
inbaundokaigi.jpg
 インバウンド十和田の会長・米内山和正さんが進行を務め、音楽制作をシンガーソングライターの桜田マコトさん、ダンス振付・指導をダンススタジオPEACE MAKER代表の斉藤和幸さんと、ダンス集団DanceWAG代表の沼尾美也子さんと共に制作するとキックオフミーティングを開催した。
 映像制作は観光地の撮影素材を元に、グリーンバックでダンスを踊る姿を合成し、プロモーションビデオを制作する予定。「八戸せんべい汁」など様々な楽曲を手掛けてきた桜田さんが歌を、斉藤さんと沼尾さんが振付した一般市民とのダンスを映像と合わせて協同で完成させる。
 今後のスケジュールは9月6日の十和田市秋まつりにてダンスお披露目。9月~10月に一般市民から参加者を募り公開撮影イベントを開催。来年2月にプロモーションビデオ作品発表会の開催を予定。
 米内山さんは、十和田市をPRするダンスとして小中学校の運動会などで活用してもらえば嬉しい。そして日本が注目される東京オリンピックがある来年に向けて十和田市の魅力を発信出来るように企画を成功させたいと語った。
 また、他にも「ふるさと自慢わがまちCM大賞」への参加や、魅力発信ツールとして市街地にあるタバコの自販機へデザインを検討中など、様々な角度から観光客へアプローチを試みている。