ローカルニュース

大人と接するための言葉遣いや挨拶研修会

[ローカルニュース]
 高校生の就職総合支援プロジェクト事業の一環で「就職に対する意識を高めるための研修会」が三本木農業高等学校動物科学科1年生35名・2年生34名の生徒を対象に6月27日・28日の2日間、同校会議室で行われた。
 講師としてフリーアナウンサーの上明戸華絵さんとマナー講師・外崎禎子さんを招いて「私をいきいきと生かす磨き方」をテーマに研修会は始まった。
sannoumanakesyu.jpg
 初めに上明戸さんがどんな大人になりたいかを想像してみて欲しいと生徒に考えさせた。大人との接し方、言葉遣いや挨拶で大人として成長しているかがわかる。まずは国語の勉強。尊敬語と謙譲語、丁寧語を教える。また、よく使われる言葉で「大丈夫」や「すいません」など間違った使い方をしているものも多い。口癖になりやすい「マジか」や「っていうか」など若者言葉にも気を付けなければいけない。言葉の乱れは心の乱れと生徒らに伝えた。
 次に外崎さんがマナーマニュアルを講義。第一印象は会って3秒で決まる。立ち振る舞いや表情の作り方や言葉の使い方など今日から使える基本を伝えた。これから就職先やバイトなどで役立てて欲しいと生徒らに伝えた。