ローカルニュース

武藤覚さんが母校に訪れ特別授業

[ローカルニュース]
 十和田市立東小学校を卒業し、現在日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ東北担当を務める武藤覚さんが同校PTAとの共催で「夢の特別授業」を実施した。
 同校5・6年生を対象に行った特別授業では5年生85名、6年生63名を体育館へ集め、新聞紙を詰めたビニール袋をボールに見立てて、ドリブルや声掛け、手つなぎリレーなどを行った。
yumesenseimutou.jpg
 その後に講演会を開演。武藤さんは自己紹介と夢についての話しをした。2001年委U‐15・16日本代表のテクニカルサポートスタッフを務め、ワールドカップ南アフリカ大会やロンドン五輪にスタッフとして帯同。日本(横浜マリノスなど)と中国のクラブチームでコーチを歴任したことなど、思い出を振り返りながら写真や動画を子どもたちに見てもらった。日本代表の選手やチームを支えるスタッフの大切さ、元日本代表監督を務めた岡田武史さんとの出会いなど、人との出会いの大切さを子どもたちに伝え、「今出来る事を努力し続ければ必ずチャンスはやってくる。夢を諦めずに頑張って欲しい」と後輩にエールを贈った。