夢追人ニュース

十和田観光電鉄株式会社 株式会社十和田電鉄観光社 代表取締役社長 佐藤 行洋さん

[夢追人ニュース]
大正創業の観光会社 入社から44年の歴史を経て
観光・交通・宿泊を担う新代表の挨拶
satouyukihiro.jpg
~佐藤 行洋さんプロフィール~
 昭和28年7月24日生まれ(66)十和田市出身。青森県立三本木高等学校を卒業後、明治大学へ進学。卒業後は帰郷し十和田観光電鉄株式会社に就職した。会社の総務、タクシー運行管理、ホテルの支配人、バスの乗合い・観光・営業企画、駅ビル店長など様々な業務を経験し、出向を経て今年、入社44年目で前社長・白石鉄右エ門氏に奨められ、6月24日開催の定時株主総会で代表取締役として就任した。

 このたび、6月24日に開催された定時株主総会で、十和田観光電鉄株式会社・株式会社十和田電鉄観光社の代表取締役社長・白石鉄右エ門氏が退任し、新たに佐藤行洋氏が代表取締役社長として就任することが決まった。
 代表となった佐藤氏は十和田市出身。青森県立三本木高等学校を卒業後は明治大学へ進学。大学卒業後に帰郷し、最初に選んだのが十和田観光電鉄株式会社だった。最初はバスの乗合い課・観光課を経て、営業企画課を担当しながら、昭和60年にオープンしたとうてつ駅ビルへ出向した。テナント管理・人材管理など駅ビルの店長として従事し、最後は三沢店の店長として計約22年勤め、時代の移り変わりを見守ってきた。
 とうてつ駅ビル閉館と合わせ、一度総務へ戻り、その1年後、今度はまかど温泉富士屋ホテルの支配人として出向となる。管理役職を経てから、約2年間慣れないサービス業やホテル接客業を任された。ホテルでは周りの若い世代の従業員に助けられ、学ぶことも多かったと振り返る。
 その後は、現在運行を終了した十和田観光タクシーの代表取締役専務として出向。タクシーの管理業務を5年勤めてから本社へ戻り、総務部長として就任。
 今年の初め頃に前代表の白石さんから相談を受け、今年6月24日から代表取締役社長として就任した。22歳で入社してからは、本社勤務15年、出向29年と会社に腰を下ろし、実直に働いてきた実績を認められた結果と言えるだろう。
 佐藤氏は「大正3年が創業の歴史ある会社。今まで携わってきた人たちの頑張りで現在がある。公共交通として地域に必要とされ続ける会社でありたい。交通事業もホテル事業も安心・安全が第一。お客様に認められる会社として力を入れていきたい。」と語った。
 今後は路線バス・観光バスの2部門を充実させていく。人材不足のため、お客様に迷惑をかけないように富士屋ホテルに人員を集約。そのため、来年にはグランドホールの休館を決定した。もちろん最後までしっかりと予約を承ったお客様に対して満足いただけるように精一杯のサービスを徹底していく。人材確保は難しいとは思うが現在はオリンピックの影響で人材が東京に集中している。それが終わってから戻ってくる人に期待したい。
 遊覧船事業はインバウンド客も増加し、安定しているが、去年は悪天候が続き、欠航が多かった。今年はすでに去年の乗船客数を超えている状況。現在4艘ある遊覧船のうち、3艘の双胴船にはワイファイを付けてインバウンド客へ満足できるように対応している。
 これから夏秋にかけて忙しくなる。10月の紅葉シーズンに向けて交通・宿泊の面で満足いただけるように取り組んでいきたいと語った。