ローカルニュース

言葉と文化の壁を超えて伝える交流会

[ローカルニュース]
 青森県立三本木農業高等学校で「台北市政府教育局主催教育実習旅行受入に伴う交流会」を開催した。
 台北から来日した松山高級工農職業学校の生徒16名を歓迎した三農生徒らはお互いに学校での活動をプレゼン。その後、体験交流会を行った。初めに松山校生徒が日本でも馴染みのある歌に合わせてダンスを披露。
sannoutaiwankouryu.jpg
 それから三農生徒と松山生徒らで「きみがらミニぞうり」の制作体験を実施した。三農生徒らは以前の授業で教えられた側から、今日は教える側へ、そして言葉が通じない中で伝えることの難しさを体験した。身振り手振りを使って簡単な英語でコミュニケーションを図る姿はほほえましく、松山生徒も必死に理解をしようと目と耳と身体を動かす。最初はぎこちない雰囲気もあったが、少しずつ距離が縮まった生徒らはすぐに仲良くなり、終わる頃にはお互いに写真を撮りあったり、連絡先の交換などもしていた。最後に記念撮影をし、別れを惜しみながら見送った。異文化交流だけではなく、子どもたちにとって学ぶことが多かった時間を過ごせたと感じた。
sannoutaiwankouryu2.jpg