ローカルニュース

☆ 今月のスポットライト ☆ 遠藤 光子さん

[ローカルニュース]
30周年記念を迎えた白黒の彩り
独学で描く鉛筆画の世界
鉛筆画家 遠藤 光子さん
endoumitukosan.jpg
 十和田市馬事公苑称徳館で「遠藤光子 鉛筆画展」が7月20日~8月18日まで開催されている。鉛筆画家として今年で30周年記念となる遠藤光子さんは午年生まれで今年、初めての年金をもらったという。去年まで夫婦で埼玉県に住んでいたが、三戸町出身ということもあり、定年退職を機に帰郷・移住した。遠藤光子さん自身は小さい頃まで南部町に住んでいて、当時は町なかで冬には馬ソリが走っていた記憶があるという。その時見た大きな馬の顔が忘れられなく、35歳で鉛筆画家として独学で描き始めた。
 小さい頃から動物が好きで馬や犬など描いていた遠藤さんは専門学校や弟子入りすることなく、画家として活動を始めたのは30年前。サラブレットやアラブ馬を中心に犬や猫など鉛筆でしか表わせない独自の手法で描き、馬の絵を描き続けた。代表作と言える「誕生の時」では後光が射したような白馬を描き、カンヌ国際芸術祭2004「コートダジュール国際芸術賞」の最高位を受賞した。
 作品は大きなもので仕上げるまで約2ヶ月ほどかかる。14本(6H~6B)の濃さの違う黒一色だけで様々な色を表現する手法は他に類を見ないため、海外からも注目を浴びている。また作品の1つ「天空」という白馬の絵は観る角度によって表情や顔の向きまで違って見える不思議さがある。是非、一度見に行って体感して欲しい。見る人の気持や受け取り方によって作品の表情も変わってくるという。最近では亡くなったペットなどの遺影として、またプレゼントとしても鉛筆画の作品依頼もある。写真とは違う柔らかさを表現出来るのも鉛筆画の魅力の一つと言えるだろう。作品依頼のご要望は...0179‐22‐0771迄。