ローカルニュース

航空隊・DINと連携による 消防の救助救出訓練

[ローカルニュース]
 十和田地域広域事務組合消防本部が青森県防災航空隊との連携による山岳救助救出訓練を9月10日に、ドローンイノベーションネットワーク(DIN)との連携による水難救助救出訓練を9月13日に行った。
astouboukunrenu.jpg
 この訓練は災害発生時に他関係団体との連携を確認し、消防活動体制の構築を確立し、隊員の技術と知識の向上を図ることを目的として行う。DINとは実証検証として河川敷での訓練を協力依頼した。河川の救助はハイライン(救助用ロープ)とバックアップライン(流された場合の最終ライン)を通すのが目的。今までは専用銃を使いリードロープを渡していたが風や雨、距離により使えない事が多かった。ドローンに付けたリードロープはあっという間に対岸へ辿り着き、その有用性を証明した。