ローカルニュース

長年の功績褒め称え 9人2団体に十和田市から表彰

[ローカルニュース]
 十和田市と市教育委員会から2019年度の市褒賞、市民功労賞、文化賞、文化功労賞、文化奨励賞の受賞者をそれぞれに決定し、11月5日にサン・ロイヤルとわだで表彰式が開かれた。
 【市褒賞】
 ▽野月忠見さん(82)昭和46年に十和田市議会議員に当選以来、平成30年まで12期(47年)の長きにわたり、観光・農業などの産業振興、生活基盤や教育環境の整備、市民活動の支援にも献身的に取り組み、地方自治の振興発展、住民福祉の向上に大きく貢献した。
bunkahousyou5.jpg
 【市民功労賞】
 ▽気田武夫さん(80)平成17年から3年余り、市町合併後の初代助役(副市長)として、新市のまちづくりの推進に尽力し、市政の振興発展に大きく貢献した。
bunkahousyou6.jpg ▽工藤陽子さん(72)昭和55年から現在まで39年の長きにわたり、内科医として診療の傍ら学校医を務め、児童・生徒への親身な指導・助言はもとより、用語教諭・保健主事などに対しても、アトピー性皮膚炎や肥満などの健康管理や具体的な保健指導へ助言を行い、児童・生徒が心身ともに健康で楽しい学校生活が送れるように尽力し、学校における保健衛生の向上発展に大きく貢献した。
bunkahousyou7.jpg ▽竹田昭一さん(77)昭和46年から現在まで48年の長きにわたり、薬局経営の傍ら学校薬剤師を務め、教室の換気・水質検査や定期点検の実施、感染症発生時における消毒作業、各種環境検査の結果に応じた指導・助言に加え、薬物乱用防止教育相談にも応じるなど、学校内の学習環境の整備に尽力し、学校における保健衛生の向上発展に大きく貢献した。
bunkahousyou8.jpg
 ▽小野寺功(75)平成17年から市町合併後の本市の初代教育委員会委員長として、3期(12年)の長きにわたり、教育行政に携わり、優れた指導力により、市の教育水準の維持向上と、文化・スポーツ活動など生涯学習の推進に尽力するなど、教育の振興発展に大きく貢献した。
bunkahousyou9.jpg
 ▽十和田市歯科医師会。昭和40年の設立当初から、地域住民の健康管理および公衆衛生・歯科保健の普及向上に寄与するとともに、地域や学校関係者との共同による歯科保健に関する知識の普及啓発に尽力した。また、中央病院での入院患者の口腔の治療やケアおよび市の歯周疾患検診へ積極的に協力するなど、本市の歯科口腔保健の向上発展に大きく貢献した。
bunkahousyou11.jpg ▽国際ソロプチミスト十和田。平成5年から長きにわたり、女性の地位向上と児童の保全育成のための寄付活動を継続して実施し、市民文化センターへの文化芸術活動にふさわしい環境づくりのためのモニュメントをはじめ、中央病院へ訪問診療車両などを寄贈したほか、市民図書館へ図書券購入費を寄附するとともに、本年度は書籍消毒器の寄贈を行うなど、寄付により地域社会の向上発展に大きく貢献した。
bunkahousyou10.jpg

 【文化賞】
 ▽伊藤一允さん(86)上十三地域の歴史について、古代から近代における文献資料の発掘、古文書の解読に尽力し、十数本の論文を発表。歴史講座、古文書解読講座などを通して、地域史の魅力を伝える活動を積極的に行っている。
bunkahousyou1.jpg
 【文化功労賞】
 ▽相馬敏光さん(73)十和田市少年少女発明クラブの指導員を長く務め、子どもたちの知的創造力の育成に尽力するほか、県内のモノづくり企業の実態を調査し著書にまとめ、技術開発や特許取得に係る現場の人たちの努力を紹介した。
bunkahousyou3.jpg
 ▽藤原つや子さん(62)十和田フィルハーモニー管弦楽団フルート首席奏者。ゼルコバアンサンブル創設(平成12年)より学校訪問演奏や各種コンサートにおいて、音楽の楽しさを共感できる企画を提供。多団体とも多彩な活動を続けるほか、指揮や指導にも取り組み、音楽の普及奨励に尽力している。
bunkahousyou4.jpg
 【文化奨励賞】
 ▽小原和さん(28)中学生の知己から短歌を始め、高校1年時に青森県歌壇新人賞「新人奨励賞」を受賞。平成25年には短歌結社「まひる野」の最高賞である「まひる野賞」を受賞した。その後は、20代では珍しく選者としての活動や、会報誌「まひる野」の特別蘭「マチエール」に作品を掲載し、精力的に活動している。
bunkahousyou2.jpg