ローカルニュース

株式会社 十和田ビルサービス 代表取締役 今泉 湧水さん

[ローカルニュース]
第10代 商工会議所会頭に就任
明るく元気に楽しく行動する商工会議所
imaizumiyuusui.jpg
~今泉 湧水さんプロフィール~
 昭和29年9月16日生まれ(65)十和田市出身。三本木高等学校を卒業後は専修大学へ進学。卒業後はそのまま帰郷し、家業である㈱十和田ビルサービスに社員として入社した。
 自身が小学5年生の時に父が起業した会社を継ぐために業務では清掃や廃棄物の運搬、機械の整備や警備員などなんでもこなした。社員、常務を経て、平成8年に社長に就任した。業務以外にも公益社団法人十和田青年会議所の理事長も務め、卒業後には十和田商工会議所青年部に入会。約13年、副会頭として前会頭の石川正憲氏(72)をサポート。石川氏からお願いされ、令和元年度の会頭として就任した。

 十和田市商工会議所の令和元年度の会頭として就任した今泉湧水さん(65)。株式会社十和田ビルサービスの社長として200人を超える従業員を雇用している。会社の創業は今泉さんが小学5年生の頃。三本木高校を卒業後に専修大学に進学し、後継ぎとして帰郷した。会社は多い時で300人を超える従業員を雇う時期もあった大企業として成長。当時は亀屋や松木屋、とう鉄駅ビルなど大きな建物もあり忙しかったと振り返る。今泉さんは帰郷後、会社に社員として入社してからは清掃業務や廃棄物の運搬、機械の整備工事、警備員など、なんでもこなして仕事を学んだ。
 また、公益社団法人十和田青年会議所(以下、十和田JCと略)に25歳の頃に入会。当時は100人を超える会議所として盛り上がり、飲み会も多く町は活気にあふれていた。日本JCに出向が決まったときは飛行機で西日本へ何度も足を運んだ。あの頃が仕事との両立が一番大変だったと振り返る。JC時代にはまちづくり市民会議を起ち上げ、当時はまだ壁のあった民間と行政のつながりを作ったことが一番の思い出。39歳で十和田JCの理事長として就任し、直前(理事長の次の年に勤める役職)を務めて卒業。当時はJCを卒業してからでないと十和田商工会議所(以下、十和田YGと略)には入会できないという風潮があったという。卒業後はそのまま十和田YGに入会。入会と同時に県連の専務理事に抜擢されるなど、忙しい中で翌年に父の後を継ぎ、平成8年41歳の若さで㈱十和田ビルサービスの社長として就任した。
 十和田商工会議所入会から25年、会頭を5期続けて来た前会頭の石川正憲氏の任期満了に伴い、令和元年度の会頭として就任した。
 会頭となり、まず初めに第二期の中心市街地活性化の認可が下りたので、これを活かしたい。上手くいけばこれから人の流れはガラっと変わっていく。逆に言えば、これが中心市街地活性化のラストチャンスだと思っている。観光客は多いが、お金を落としてもらう仕掛けを作らないと活性化にはつながらない。若い人に空き店舗を活用してもらい、高齢者や観光客が立ち寄れる居場所を作ってもらいたいと語った。
 十和田市には仕事はいっぱいある。どこの会社でも仕事があっても人手が足りないとの声を聞く。働く若手があれば十和田市はもっと活性化していく。昼の仕事をしている人から夜の清掃でバイトをしたいという声もある。働きたいのに働けないのは残念だがこれは仕方ない。会社側からは有給など休んでも給与を保障しなければならないから大企業であれば金銭的な部分で、小企業であれば人員的な部分で負担は大きくなる。働き方や雇用の方法を考えて、選ばれるような会社にならないといけないと思う。
 街中を歩く人はほとんど見ないが秋祭りなどでは道が埋め尽くされるほど若い人も歩いているのを見ると、十和田もまだまだ捨てたもんじゃないと安心できる。ただ町内会の集まりでは子どもはほぼ見ない。日本全国どこでも言えることだが少子高齢化の波はどうにもならない。ただ、住むのなら十和田市はまだ他と比べていいとは思う。車で1時間圏内で山にも海にも行ける。特に近年、自然災害が多発しているが、台風被害もほとんどなく、内陸だから津波もないし、上下水道を全部通してあるから断水もない。空港も漁港も電車もないが、安心・安全で暮らせる街としてPRしたい。
  商工会議所として商業・工業に関わる人たちの意見を聞き、それを行政に要望を上げる役割をするのが仕事。前会頭の石川さんが「行動する商工会議所」を掲げていたので、私はそれに「明るく元気に楽しく」を付け加えて、会頭として責務を果たしたいと語った。