ローカルニュース

十和田市開業15周年 還暦を記念し自費出版 はるひと診療所 院長 片野 春人 さん 「写詩心集」と「散分集」2冊販売

[ローカルニュース]
katanoharuhito.jpg
 十和田市稲生町のAST付近にある「はるひと診療所」の片野春人院長(59)が還暦を記念して「写詩心集」と「散文集」をそれぞれ自費出版した。
 片野院長は秋田県大仙市生まれで三沢市育ち。令和2年3月20日に60歳となり還暦を迎えた。八戸高等学校を卒業後、弘前大学医学部に進学。そこから埼玉県や県内での勤務医として経験を積み、弘前市でクリニックを独立開業した。2005年に十和田市に移住。旧松木屋で診療所を開業。松木屋取り壊し、AST建設に合わせて現在の場所に2010年に移転した。
 また、片野先生は同院で内科医として診療しながら、休診日の水曜日には十和田市立中央病院の糖尿病内科非情勤務医としても働く。
 1993年から年に4回発行されるという上十三医師会誌でデビュー作となる小説「クロコダイル・ティアーズ1993」を掲載、他にも日常の何気ない風景や医師会の出張先での写真などを掲載することとなり、その書き溜めた小説や写真を還暦を迎える記念にと自費出版することを決めた。
 写詩心集は1ページごとに、ポエムを添えて掲載。自分の年齢と同じく60ページでまとめた。お気に入りは表紙にもなっている「白い傘」。旧松木屋の赤いフロアの上で乾かしている白い傘を何気なく写したもの。最終ページの学生時代の片野先生の写真も是非見て欲しいと感じた。
 散文集は2018年8月までの短編小説やエッセー、時代劇から童話まで、様々なジャンル19作品を掲載。その中でも「なったらあかんで、糖尿に」は是非みて欲しい。上十三医師会誌では割愛されてしまったものも全部掲載されている。片野先生は11月14日の世界糖尿病デーに合わせて「糖尿病を退治しナイト」のイベントも企画。怖いのは合併症。まずは糖尿病にならないようにするための知識をしっかり持って欲しいと語った。
 現在、片野先生の作品集「写詩心集」と「散分集」は十和田市大七書店と三沢市好文堂書店とはるひと診療所でのみ販売している。写詩心集は2200円(税込)。散文集は1100円(税込)となっている。はるひと診療所(休診日/水曜・日・祝)へのお問い合わせは...0176‐22‐4007迄。
katamnoharuhito1.jpg
kataokaharuhito2.jpg