ローカルニュース

十和田おいらせライオンズクラブから除菌液 青森リース株式会社から除菌スプレーを市に寄贈

[ローカルニュース]
 十和田おいらせライオンズクラブから4月27日に新型コロナウイルス感染予防のための高精度除菌液「ハセッパー水」20リットル7箱(計140ℓ)が寄贈された。
 来訪した同会会長の気田福俊さん、幹事の高渕秀喜さん、会計の佐々木昭二さん、同会メンバーで市議会議員の小川洋平さんらが小山田市長に手渡した。気田会長は「在庫のない中で除菌液は準備できた。マスクも同様に用意できればお持ちしたい。2月からライオンズの活動も自粛中止している。飲食業も人が歩いていなく大変なようで、失業者が増えると経済は停滞するので早くコロナの終息を願いたい。」と挨拶した。
 小山田市長は「福祉・医療・介護・学校などの公共施設などは1日に何度も使うので助かる。国や県、市の制度を活用して欲しい。それを取りまとめる対策室も設置したのでこの苦境を乗り越えたい。」と感謝の意を述べた。
aomoririiskizou1.jpg
 また、同日に会長でもあり、青森リース株式会社代表取締役社長の気田福俊さんは会社からの寄附としてウイルス除去・除菌・消臭スプレー(100ml100本、350mlを10本)を寄贈した。
aomoririiskizou2.jpg