ローカルニュース

十和田流鏑馬観光連盟より 市に手作りマスクが寄贈

[ローカルニュース]
 新型コロナウイルスの影響により、残念ながら中止となってしまった十和田市を代表する春のイベント「桜流鏑馬」。
 その運営を務めている十和田流鏑馬観光連盟が十和田市のために何かできないかと、その一行で手作りマスクの制作を行った。4月3日に会長の上村鮎子さん、事務局の洞筒妙子さん、田嶋和子さんが市長表敬訪問を行い、その制作したマスクを寄贈した。
 マスクはカラフルな手ぬぐいなどを使って製作。十和田をPRできるような模様がある。上村さんは「秋には流鏑馬の大会が開催できるようにと願いを込めて作った。」と手渡した。
yabusamemasuku.jpg
 小山田市長は「桜流鏑馬の開催中止は本当に残念だ。このマスクも活用させていただき、秋の流鏑馬大会の開催を願います」と激励した。