ローカルニュース

十和田市の宣言解除 市長からのメッセージ

[ローカルニュース]
市民の皆さまへ

 5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が全面解除されました。これに先立ち、青森県では14日に宣言解除となっておりましたが、4月16日の発令から1ヶ月余りの間、市民の皆さまには、不要不急の外出自粛や公共施設の休館など、これまで経験されたことのないような大変なご不便やご負担をおかけしました。皆さまのご理解、ご協力にこの場をお借りして心から感謝申し上げます。
 また、これまでの間、企業、団体、個人など多くの方々からマスクや消毒液をはじめとする心温まるご寄附をいただきました。早速、市内小中高等学校や病院、介護施設、福祉施設等へ配布し、活用させていただいております。改めて御礼申し上げます。
 5月11日から市立小中学校が再開し、各校では子ども達の元気な声が響いております。休校期間中、外出を我慢してくれた子ども達や、お世話いただいた保護者や関係者の皆さまのご協力に心から感謝申し上げます。
 この他、市内公共施設も5月23日から順次再開しており、少しずつではございますが、緊急事態宣言以前の日常に戻りつつあると感じております。
 しかしながら国内では、依然として感染症患者が発生しており、感染リスクが完全になくなった訳ではありません。市といたしましては、感染の第2波、第3波を招かないよう、引き続き、新型コロナウイルス感染症の動向に細心の注意を払い、気を緩めることなく感染防止対策に取り組んでまいります。
 つきましては、市民の皆さまには引き続き「三つの密」の回避や手洗いなどの手指衛生、マスクの着用等を基本とする感染対策や、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践・定着をお願いするとともに、国や県の定める方針等に従って6月18日までの間、首都圏等との往来は慎重に判断してくださるようお願いいたします。
 この度の新型コロナウイルス感染症拡大により、本市におきましても大変大きな影響を受けております。これからの社会経済活動を回復させるべく、現在、自粛期間中に影響を受けた各種事業者等を支援する第1次経済支援対策事業を実施しておりますが、引き続き、第2次経済支援対策事業を実施する予定としておりますのでご活用いただければと思います。
  これからも、地域経済や市民生活の向上を目指し、市民の皆さまと共に、次なるステージに向けて取り組みを進めてまいりますので、今後ともご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和2年6月1日     十和田市長 小山田 久

 ※新型コロナウイルス感染症対策本部HP・秘書課より参照