ローカルニュース

とわだ耳鼻いんこう科院長 小笠原 眞 先生 「続・詩人のポケット すこし私的な詩人論」 素敵な詩人たちの世界を紹介する作品集を発行

[ローカルニュース]
ogasawaramakotoa.jpg
 この程、2冊目の詩人論(詩集は6冊)となる「続・詩人のポケット‐すこし私的な詩人論」を発行したとわだ耳鼻いんこう科院長・小笠原眞先生(63)を訪ねた。
 約6年前に発行した『詩人のポケット』の第2弾にあたる作品集は令和2年2月28日に発行。作品集は年に2人くらいのペースでゆっくり書きながら、全国にいる詩人との交流、好きな作家の作品などをまとめたもの。なぜ医者である院長先生が詩人となったのか聞いてみた。
 小笠原眞先生は十和田市(旧十和田湖町)出身。昭和31年9月1日生まれ(63)旧十和田湖町にある旅館の後継ぎとして育てられた。八戸高校を卒業後は家業である旅館を継ぎたくない方法の一つとして医者を目指したという。岩手医大の医学部に進学し、卒業後は盛岡で耳鼻咽喉科の先生として約12年勤務。帰郷後、38歳で十和田耳鼻咽喉科を開業し、今年で25年目を迎えた。
 中学時代の恩師が文学が好きな先生だったことに影響され、一番最初に読んだ本は太宰治の「人間失格」。当時の自分には内容が難しくて最初の本は最後まで読むのに3ヶ月くらいかかったという。高校時代は野球やバスケを経験してきたというスポーツマンな一面もあり、文武両道を目標とし、学業が忙しい中でも当時は夜9時まで部活をやるような時代。部活で疲れて帰ってくると正直、それから勉強をできるような環境ではなかった。そんな中でも本が好きで、小説を読む事で気持ちが癒された。高校2年生の時に講演に来た芥川賞作家の「三浦哲郎」さんの講演を聞き、自分も小説家として目指してみたいと感銘を受けた。
 それから医大へ進学したが、入学してからは本当に勉強が大変だったという。そのため、小説を書くのは無理だと思った。しかし、小説よりも短い詩なら書けると思い、小笠原さんは21歳で詩を書こうと自分で決めて書き始めたという。それからは詩の集まりなどにも顔を出すなど、交流を深めながら詩の世界を学ぶ。小説とは違い、詩は少ない言葉で伝えなくてはならないので逆に難解だと気付き、その面白さに魅了された。その努力と才能あってか大学4年生の頃の岩手県の芸術大賞を受賞することができ、更に詩の世界にのめり込むようになった。
 大学では夜12時まで勉強し、朝7時から勉強を始めるという日常で、大学院で研修医を経て、医者になってからも忙しい生活は変わらない。26歳で結婚。38歳で開業。二人の子を授かり、現在は長男は脳外科医、次男は呼吸器科医となった。どこに詩を書く時間があるのか不思議なくらい多忙な毎日でも詩を書き続けるということは、それほどの魅力があるということなのだろうと伝わってきた。
 小笠原先生はあまり詩を読まない人でも気軽に読んでもらえるように私的に親しみやすい作品を選んだ。これまで詩が好きで読んだり書いたりしてきたが、この詩人論はこの楽しさを他の人と共有出来たらもっと楽しいだろうなという思いから書き始めた。詩を読むことの喜びがそのまま読者に伝わってくれれば嬉しいと語った。この『続・詩人のポケット』は現在、大七書店で販売。AMAZONでもネット販売している