ローカルニュース

協同組合十和田管工事協会 上十三電気工事協同組合十和田支部有志一同から 市に寄附金30万円ずつ寄附採納

[ローカルニュース]
 新型コルナウイルス感染症拡大防止のために、中央病院へ活用してほしいと、「協同組合十和田管工事協会」と「上十三電気工事協同組合十和田支部有志一同」の各団体から、それぞれ30万円の寄附採納がされた。
 6月10日に小山田市長を表敬訪問し、協同組合十和田管工事協会の山田靖博理事長と管文昭副理事長、上十三電気工事協同組合十和田支部有志一同代表として同組合の新川剛理事長と畑中健一副理事長が小山田市長に寄付金を手渡した。
 市長は「御承知の通り、新型コロナウイルスの入院があり、クラスターや感染拡大防止のために医師、看護師が頑張ってくれた。今後のために役立てたい。」と感謝の意を述べた。組合からは「使い道は自由。医療従事者のために使って欲しい」と伝えた。
kankoujizoutei.jpg