ローカルニュース

画家歴60年 秋山 隆さんが油彩画を寄贈

[ローカルニュース]
akitamatakasi.jpg
 画家の秋山隆さん(78)が昨年10月に描いたF10号の油彩画「山里の奥瀬遠望」の1点を十和田市に寄贈した。作品は旧十和田湖町役場に展示予定。
 他にも故郷である東北町へ7年がかりで描いたF150 号の大作「小川原湖伝説絵図」1点と他風景画9点の小品も寄贈。これらは町の公共施設に展示予定となる。
 秋山さんが本格的に画を書き始めたのは大学に入ってから。現在で画家歴60年となる。今までに多数の美術展で入賞し、それを市町村へ寄贈などしている。主に風景画を描いていたが、様々な土地の歴史や情景に興味を持ち、最近では一枚の画が本のように思えるように様々な事柄を一枚の画に詰め込んで描く歴史画が面白いと語る。
 十和田市に寄贈した「山里の奥入瀬遠望」は国道102号線沿いの赤石辺りから。美しい風景を残しておきたいと描いた。
akitamatakasi2.jpg
 東北町に寄贈した「小川原湖伝説絵図」は故郷である東北町の小川原湖伝説をテーマに7年かけて完成させた。小川原湖伝説に関する本や歴史資料を読みながら想像を巡らし、事実である部分と、言い伝えなどを含め小川原湖の歴史を知る事が出来る大作となった。
akitamatakasi3.jpg
 秋山さんは東北町にある旧上北郵便局舎社内でギャラリーポストを開展中(7月末迄)。お問い合わせは...0176‐52‐7496(秋山隆所長)迄。