ローカルニュース

三農植物科学科1年生がデントコーンの除草活動

[ローカルニュース]
 青森県立三本木農業学校植物科学科1年(35名)が現在、株式会社パワフルジャパン十和田に事務局を置いている「十和田きみがらスリッパ生産組合(宮本桂子組合長)」と連携して栽培・研究活動に取り組み、地域の伝統工芸を守るともに地域活性化に貢献していく姿勢と態度を育てる校外研修活動を行った。
 これは平成24年から毎年行っている活動となるが、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、播種活動は行わなかった。8月4日に1年生は初めてとなるデントコーンの圃場へ向かい、除草作業を行った。当日は気温が高く、蒸し暑い中、デントコーン畑の中に入り、少しずつ除草作業を進めて行く。
dentokorrrn1.jpg
 引率者の佐々木教諭は「生徒らはほとんどが農家の子ではないので、この活動を通して農家の現状を知ってもらい、体験から学んで欲しい」と語った。生徒らは汗だくになりながら蛙に驚いたりと楽しそうに着々と除草作業を行った。今後は10月に収穫・調整予定している。