ローカルニュース

三農でスマート農業実習開催

[ローカルニュース]
 十和田市の農業の発展に向け、高校生に農業の魅力や楽しさ、将来性を感じて欲しいと10月8日に三本木農業高校で農業機械科1年生から3年生、植物科学科3年生など計200名程度を対象にスマート農業実習が開催された。
sumartnougyou1.jpg
 同校敷地内圃場で無人操作ロボットトラクターや自動操縦GPSトラクターなどの提供・実演・操作をする「株式会社みちのくクボタ」と、ながいもを中心とした農業法人でスマート農業を取り組んでいる「株式会社グリーンソウル(米田拓実代表取締役)」が講師を務めた。生徒らに最先端の農業用機械に触れ、将来性ある就職先の一つとして考えてもらい、農業に対する古いイメージを払拭してもらいたいと行った。
 操作は圃場を登録(400所程登録可)し、作業を選択するだけであとはトラクターが作業してくれる。自動化運転にはレベルがあり、有人仕様や無人仕様など選択できる。高齢化や人材不足にも対応できるスマート農業は泥臭さよりは最先端の職業と言うイメージすら湧く。担当に話しを聞くと農業機械科の生徒でも農家の後継ぎは実質1割程度しかいないようだ。古いイメージが払拭出来ればこれからの卒業後の就農を考えるきっかけとなるだろう。
sumartnougyo2.jpg
 今回参加したグリーンソウルの紹介。正社員3名募集。勤務日時は月曜日から土曜日の8時‐17時。給与は17万円~25万円。厚生保険も充実し、トラクター乗務に必要な資格は入社後に取得できる。お問い合わせは...0176‐28‐2570迄