首都圏とふるさとをつなぐ 東京=十和田

 今は一級建築事務所を経営

 ㈱ODA建設一級建築事務所代表取締役織田陸郎さん

odarokurou.jpg ふるさとを出て、首都圏で頑張っている人たちがいる。その一人が㈱ODA建設一級建築事務所代表取締役の織田陸郎さんである。
 織田さんは、昭和26年(一九五一)6月、旧十和田湖町奥瀬の、それこそ山奥の高森開拓に生まれた。
 しかし、開拓地は水田はできない。伐採した跡の木株だらけの畑作では、大豆や蕎麦、麦などしか採れなく、貧乏のどん底を極めた。
 そんな開拓地で生まれた織田さん、中学校を卒業すると、十和田市内の商店に勤めながら、夜は三本木高校の夜間に入り勉強した。
 あるとき、勤めていた商店の改築工事があり、それを請け負ったのが、ある一級建築事務所。その所長と懇意になり、所長はこれからは建築関係が伸びるよとアドバイスしてくれた。
 織田さんは、高校を卒業すると上京。工務店に勤めながら、夜は工学院大学専門学校で建築を学んだ。
 こうして苦労をしながら昭和57年(一九八二)織田さんは見事一級建設士の資格を取得した。
 しかし、会社は、織田さんが一級建築士の資格をとったからといって給料を上げてくれなかった。
 それじゃ独立しようと、同じ境遇にある仲間と二人で会社を立ち上げ、仲間は代表取締役社長に、織田さんは専務取締役となった。
 一生懸命に働き、会社は伸びた。給料も100万円近くになった。
 が、会社が伸びるにしたがって社長は、今日は付き合いのゴルフだ、今日は何々だといって仕事をしなくなった。
 同等で会社をつくったはずなのに、これじゃおかしいと、平成7年(一九九五)に、織田さんは再び独立、東京・練馬区に、㈱ODA建設一級建築事務所を立ち上げ、社長自ら率先して働いた。
 こうして現在は、社員5人、年商3億弱の㈱ODA建設一級建築事務所となっている。

sannou1.jpg 三本木農業高校東京同窓会(池畑守会長)の、40周年を記念する総会及び懇親会が、9月9日、東京・市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷で行われた。
 これには同窓生及び、母校三農の荒屋隆男校長や、沼山喜久男同窓会長など関係者、そして来賓など約90名が集まり、40周年を祝うと共に、それぞれの今後の活躍を誓い合った。
sannou2.jpg 40周年を記念する今回の同窓会には、映画『三本木農業高校、馬術部』の佐々部清監督が特別ゲストとして招かれ、映画『三本木農業高校、馬術部』の上映のあと、記念講演をした。
 映画は、これまで何回か観たというひとも多かったが、改めて観ると、懐かしい母校や、盲目の馬タカラコスモスの目となって献身的に世話をする主人公の香苗の姿、あるいは実写の出産シーンに涙するひともいた。やはりいい映画である。
 佐々部清監督は、撮影時のエピソードを語りながら、この映画は今でも上映希望が多い。特に若いひとたちからの希望が多い。長く息の続く映画であると語り、参加者に三農の卒業生であることの誇りと感銘を与えた。
 講演のあと、挨拶関係が続き、乾杯のあとの懇親会では、十和田市出身の演歌歌手近江綾さんや、十和田市出身の作曲家桜田武男さんの愛弟子潘明慧さんの歌謡ショーで盛り上がった。
 また、懇親会終了後は、総会の場だけでは足りなく、久ぶりに会う仲間たちが、二次会、三次会と、心行くまで交流を深めたようであった。
 三農東京同窓会では、最近は若い人たちも入ってきているので、身内で東京及び近郊で働いている人がいればぜひ紹介してほしいといっている。
 三農東京同窓会は、℡03‐3479‐1023迄。

 記念講演する、映画『三本木農業高校、馬術部』の佐々部清監督

akeyamaouyosi.jpg 200号の大作『遠い日』と明山應義さん(三越本店於)
 十和田市在住の画家明山應義さんの個展が、8月29日~9月4日の7日間、東京・日本橋三越本店の美術特選画廊で行われ大好評であった。
 展示作品は、孫を膝に抱いた祖母(母親)と、ふるさとに対する想いを描いた『遠い日』(200F)他、どこまでも続く山の中の一本道『白い道』、明山さんが昭和54年(一九七九)にアルジェリア・チュニジアを旅行したときのイメージから描き、その後新制作協会展新作家賞を受賞した『仮眠』シリーズなど、25点ほどが展示された。
 明山さんはこれまで、前述の新制作協会展新作家賞他、日本青年画家展優秀賞、天理ビエンナーレ大賞など、数々の絵画賞を受賞。
 また、三越では、平成2年(一九九〇)に日本橋三越本店で個展を開催したのを機に、平成3年(一九九一)に大阪三越、平成5年(一九九三)に仙台三越と松山三越で。平成12年(二〇〇〇)に銀座三越で。平成15年(二〇〇三)に日本橋三越本店と仙台三越で。平成18年(二〇〇六)日本橋三越本店で開催するなど、今回を含め9回の個展を行ってきている。
 今回の日本橋三越本店での個展も、多くの明山ファンが訪れ大好評であった。

 東京「りんごの花」=十和田屋台村「三本木1955」

sukaopu.jpg 時代はまさにネット時代。それが日常生活の中にも深く入り込んでいる。
 1月31日、東京・四谷で、十和田市出身の坂本真奈美さんが経営する青森をPRする居酒屋「りんごの花」と、十和田富士屋ホテル前の屋台村、三本木1935(山端康悦オーナー)の中の「シネマ十和田」と、グループでビデオ通話ができる、スカイプを通して新年会を行った。
 スカイプは、お互いの画面がデスクに映す出されるだけでなく、自分の画面が相手にどう映っているかも確認できるという双方向性のある便利なもの。これを使って遠く離れたところでも簡単に会議もできる。
 このスカイプを使って、まずは同時に乾杯。
 そしてスカイプを通して一人一人が新年の挨拶と、自己紹介。あるいはまちの様子の報告など、夜遅くまで盛り上がっていた。
 東京・四谷の、十和田市出身の坂本真奈美さんが経営する、青森PRの居酒屋りんごの花から、映像を通して十和田の仲間にメッセージを送る、三本木1955のオーナーの山端康悦さん

十和田市出身坂本真奈美さん経営の居酒屋「りんごの花」
新宿区商店会連合会推奨オープン1年目で見事「金賞」受賞

ringonohana.jpg 東京で、青森県の食材及び商品を100㌫使った、青森県をアピールする居酒屋、その名も居酒屋「りんごの花」。その「りんごの花」が、オープンして1年目にして、見事、新宿区商店街連合会推奨「金賞」を受賞した。
 歌舞伎町など日本一の繁華街を持つ新宿区には、93の商店街があり、それに加盟する店が約5600店ある。
 新宿区商店街連合会推奨「金賞」は、その5600店の中から、1年以上経営を継続し、店構え、品揃え、顧客サービス等その創意と努力が地域のお客様に高く評価されている店(但し金融業、風俗関連業を除く)を選び表彰するもの。
 今年度は16店が選ばれ、その一店に居酒屋「りんごの花」が選ばれた。
 居酒屋「りんごの花」は、十和田市出身の坂本真奈美さん(40)が、昨年1月、新宿区荒木町に、青森県の食材と商品にこだわった、青森県をアピールする店を開業した。
 ちなみに、酒は鳩正宗など12蔵及び、長いも焼酎、にんにく焼酎など。野菜は十和田おいらせミネラル野菜。肉はシャモロック、奥入瀬ガーリックポーク。魚は海峡サーモンの刺身。味付けはスタミナ源タレと、オール青森県産。
 それだけではない、津軽三味線ライブや青森県出身の落語家の寄席など、徹底して青森県にこだわっている。
 そんなことから青森県出身者は勿論だが、ふるさとの暖かさを味わいたいと、多くの人が訪れている。
 それが評価され、今回の金賞受賞になったもの。
 青森県の皆さんには、上京したとき、また在京の皆さんにはぜひ一度は立ち寄ってみて下さい。きっとファンになるでしょう。
 場所は、都営新宿線曙橋下車・A1の出口&、東京メトロ四ツ谷三丁目下車・A4の出口から、外苑通りに出て5分。問い合わせは、℡03‐6380‐6724迄。

青森県宣伝の居酒屋「りんごの花」を経営する坂本真奈美さん(写真右)


ringonohana.jpg 今年2月、青森県の食材にこだわった、青森県応援の居酒屋「りんごの花」がオープンし、頑張っている。
 オープンしたのは、十和田市出身の坂本真奈美さん。
 来店者は、青森県出身者と首都圏と半々ということ。
 12月のある日、訪れたときも、予約していたから座れたものの、予約していなかったら入れないくらい混んでいた。
 一つのテーブルでは、ちょうど八戸市出身のある高校の東京同窓会の人たち。
 私たちは十和田市ですよということで意気投合。エイッ、エイッ、オオッと乾杯。一緒に写真を撮ったりなど盛り上がった。
 この居酒屋「りんごの花」は、食材からお酒まで、すべて青森県産。上京したとき、あるいは首都圏にいる家族、友人、知人に知らせて、訪れてください。
 交通は、都営新宿線曙橋下車。A1の出口ないし、東京メトロ四谷三丁目下車。A4の出口から、外苑通りに出て、一心ラーメンの近くにある。
 場所がわからなければ、℡03‐6380‐6724(新宿区荒木町11‐24 荒木町エーシービル1F)迄。

東京十和田会が世田谷にアンテナショップ「十和田の食卓」オープン

towadakai.jpg 十和田市出身者及び関係者で組織する東京十和田会(小原武夫会長)が、このほどふるさとを応援しようと、十和田市を中心とした地域の食材を扱う「十和田の食卓」をオープンした。
 直接運営に当たるのは、東京十和田会の中に組織された、一般財団法人東京十和田もみじ会(沢尻廣美理事長)であるが、店舗の準備などは、これも十和田市出身の中野渡利八郎さんが経営する㈱東京組が全面的にバックアップ。そして店員は十和田会の人たち。まさに、首都圏で暮らす十和田市出身者たちの協力のたまものである。
 場所は、東急大井町線上野毛の駅前。
 店長の中野渡うめさんは、
 「ここは、十和田市をアピールするアンテナショップです。そのために、扱う商品は何でもいいのではなく、スタッフで味見して、これなら自信をもって東京の人に紹介できるというものだけ扱っています」と語る。
 店舗の広さは約60平方㍍。
 この店舗に、りんご各種、りんごジュース、りんごジャム、にんにく、黒にんにく、にんにく味噌、長芋、ごぼう、十和田美人ごんぼ、ごぼう茶、スライスごぼう、長ねぎ、切干大根、カシスジャム、カシスソース、ブルベリージャム、スタミナ源たれ、ベルサイユの薔華ったれなど、凡そ90種類の商品を扱っている。
 12月1日にオープンしたばかりであるが、夕方には買い物客で溢れる。
 首都圏の人たちには自信を持って紹介できるし、ふるさと出身者には懐かしい商品であろう。
 知っている方がいたら、ぜひ紹介して欲しい。
 営業時間は、午前11時~午後7時迄。水曜休店。
 TEL・FAXは、03‐5760‐1084迄。

角川3D映画「テンペスト」の共同監督。NHKエンタープライズディレクター

tanakaeiji.gif 19 世紀の琉球王朝(現在の沖縄県)を舞台とした時代劇『テンペスト』。NHKBSプレミアム枠で今年7月より9月まで全10回にわたって放送され、評判を呼んだ。
 それが、来年(平成24年)1月28日より、3Dとなって全国で上映される。
 その『テンペスト』で吉村芳之さんと共に監督を務めたのが、十和田市出身の田中英治さんである。
 田中さんはテレビドラマ全10回のうち、第5回、6回、9回の3話分を演出した。
 『テンペスト』の舞台は琉球王朝末期の王宮。美貌と才能をあわせ持つ少女・真鶴が、男と偽り孫寧温と名乗って役人となり琉球のために懸命に生きる姿を描く、愛と葛藤の壮大な歴史ドラマである。
 原作は、80万部を超える大ベストセラーとなった池上永一さんの『テンペスト』。
 この『テンペスト』は、主演の仲間由紀恵さんが、役人・孫寧温と王宮の側室・真鶴の二役を演じることでも話題となったドラマである。
 田中英治。昭和43年(一九六八)8月、十和田市に生まれた。三本木小学校に入学したが、父の仕事の関係で卒業と同時に秋田市に転居。秋田西中学校、秋田高校、早稲田大学と進学した。
 映画が好きだった田中さん。高校二年の時に父が転勤し一人で下宿生活をすることになるが、生活費を削ってまで毎週のように映画館に入り浸っていた。そのころから、映画監督になるのが夢になった。
 映画監督になるには上京すべきと考え、東京の大学に進学。就職活動先はマスコミ中心で、当時日本の三大メジャーと言われた映画会社の一つに合格。しかし、演出部の募集枠がなく、撮影現場で働く夢が実現出来ないとわかった。
 映画だけでなく、テレビドラマも好んで観ていたので、同時進行でテレビ局やテレビ番組制作会社も受験していた。幸運にも、ドラマディレクターを募集していたNHKエンタープライズにも合格、入社を決めた。その後、助監督修業を重ね、平成10年(一九九八)年、29歳のとき金曜時代劇『しくじり鏡三郎』(中村雅俊さん主演)を初演出。
 30代前半は、NHKの芸能番組の演出も担当。最近では、土曜時代劇『オトコマエ!』、『オトコマエ!2』、『桂ちづる診察日録』などを演出してきた。
 「限られた予算と時間の中で、最大の効果を上げなければなりません。収録スケジュールや放送日も決まっているので、いつも緊張感を持って仕事に臨んでいます。
 将来的には、今まで自分が吸収してきたものを、ワークショップなどを通して故郷に還元したいとも思っています」と語る。
 ドラマを創るとき、田中さんは企画立案から行う。『八甲田山死の彷徨』(新田次郎)みたいな、いい原作があれば、田中さんに取り上げてもらい、NHKで放送していただく可能性だってある。
いつかは三本木開拓・新渡戸三代記をドラマ化して欲しい。

 

tenpesuto.gif仲間由紀恵さんが演じる役人・孫寧温と、真鶴。一人で二役を演じる(写真は角川映画提供) 

kinatu.jpg 朝食、味噌汁とチョコ。昼食、おかずとチョコ。夜、ご飯とチョコと、板チョコ16~17枚、重さにして約1㌔のチョコレートを食べている。チョコが主食といっても過言ではない。別名チョコ姫。
 子どもの頃、おばあちゃんからチョコのファミリーパックを買ってもらったのが最初で、以来自分で制限出来なくなりチョコを食べ続けている。
 倉岡生夏(なつき)。平成3年(1991)7月、七戸町で生まれた。小学校の頃、父の仕事の関係で東京に移住。東京の学校に入った。高校3年生のとき、タレントにならないかと声をかけられたのがきっかけで、最初は雑誌のモデルに起用され、タレントデビューした。
 現在、テレビでは、話題になった『JIN‐仁』(TBS)では娘役。『イツザイSハイスクール』(テレビ東京)、『方言彼女。2』(テレビ埼玉)などに出演。雑誌は、『ヤングキング』『アクション』『ヤングアニマル』などのモデル等多数。
 また、自身のブログ「青森!LOVE」で青森にまつわる話題を書いている。
 「祖父母は七戸にいるし、私自身青森県の観光大使だと思っています」と語る
sannou.jpg 東京及び関東周辺の三本木農業高校卒業生で組織する三農東京同窓会(池畑守会長)の、第39回総会及び懇親会が、9月11日、東京・九段北のアルカディア市ヶ谷で行なわれた。
 これには三農の同窓生及び来賓含め約80名が出席。
 総会は、平成23年度事業報告及び決算を承認。平成24年度の事業では、10月30日(日)、池袋サンシャインシティで行なわれる「青森県人の祭典」に全面協力するなどの事業計画及び予算を承認。
 続いて行なわれた懇親会では、物故者及び3・11東日本大震災で犠牲になった方々への黙祷捧げたあと、『三農校歌』斉唱。会長、同窓会長、学校長が挨拶。そして荒谷隆男三農校長から、三農の近況報告等が行なわれた。
 懇親会に入ってのアトラクションでは、十和田市出身の歌手近江綾が熱唱。会を盛り上げた。
 三農東京同窓会は、昭和47年(一九七二)に結成。来年は40周年を迎える。
 悩みは、若い人たちが入ってこないことで、ふるさとの家族の方、東京及び関東周辺にいる卒業生がいたらぜひ紹介して欲しいといっている。
 三農東京同窓会への問い合わせは、℡03‐5386‐5886迄。
1  2  3  4