生徒諸君!青森の子ども

 川上総合学習スクールから5種一級合格者が4名輩出され表彰を受けた。
 5種一級とは珠算能力検定試験(日本商工会議所主催)、日本珠算連盟主催の暗算検定試験、読上算検定試験、読上暗算検定試験、フラッシュ暗算検定試験の5つの検定試験で全て1級に合格した生徒だけに表彰される制度の事で、偶数月に開催されるとのこと。
 3月中旬の調べで全国では116名程が合格する中で青森県は26名、その中で十和田市は11名(※今回で15名)という優秀な成績だという。全国でも青森県は珠算が有名で三沢市、東北町、十和田市が牽引し、その中でも十和田市の川上総合学習スクールが5種一級合格者を一番多く輩出している。
kawakamiikkyuu.jpg
 今回合格したのは南小学校6年生の繁在家碧乃さん、葛西寧子さん、苫米地美優さん、畑山雄哉くんの4名。
 川上総合学習スクールでは他にも3月末に開催される全国大会・オールジャンパンチャンピオンシップ、4月に京都で開催される全国大会、12月にクリスマスカップ(全国大会)と3つの全国大会へ出場するなど目標を高く優秀な成績を残している。入会などのお問い合わせは...0176‐23‐0727迄
 3月18日19日に県内・北東北の中学校から選抜された男子・女子各16チームが集結する第22回十和田おいらせライオンズバスケットボール大会が開催された。
 19日はブロック別に分かれた予選トーナメントを制して決勝トーナメントに進出した4チームが十和田市総合体育センターで優勝を競う。男子/田舎館中学校・十和田中学校・佃中学校・藤崎中学校、女子/田名部中学校・三本木中学校・八戸第一中学校・田舎館中学校が熱戦を繰り広げた。
 決勝に駒を進めた女子の対戦は八戸第一中学校と三本木中学校。序盤から激しいディフェンスで流れを作りたい八戸第一に引かずに攻める三本木、イージーシュートが決まらないなど点差は離れず前半は29‐28で三本木が1点リード。後半は八戸第一の10番・吉田咲希さんのリバウンドが随所で冴えわたりゴール下を守るも3Q終了時は46‐41で三本木が突き離す。最終Qは三本木の得点が止まる時間が増え、徐々に差を詰められ最後はゴール下のシュートを確実に決めた八戸第一の逆転勝利。56‐53で八戸第一が優勝し、惜しくも三本木は準優勝となった。
raionzuhachiichi.jpg
↑接戦を制し優勝した八戸第一中学校女子 ↓準優勝の三本木中学校女子
raionzusanncyuu.jpg
 男子決勝は十和田中学校と佃中学校。佃は183㎝の4番・小野功稀くんを攻守の中心に置き、速攻を中心としたアーリーオフェンスで攻める十和田と対戦。前半はお互いに攻め続ける内容だが点数が互いに入らない展開となり21‐17の十和田リードで終了。後半は攻守がかみ合ってきた十和田が佃との点差をじわじわと離し流れをつかんだ最終Qに一気に差を広げ56‐33で優勝した。
raionzutowacyuu.jpg
↑優勝した十和田中学校バスケットボール部男子 ↓準優勝の佃中学校男子
raionzutukuda.jpg

 2月7日に十和田工業高等学校で第5回目となる生徒の学習発表会が行われた。5科の頭文字DREAM(電子・電子機械・電気・建築・機械エネルギー)とロボット研究部がそれぞれにテーマを作って研究の課題にどう取り組んだのかを発表した。
 ▼電子科は3Dホログラムに挑戦。アクリル板スクリーンに投影する技術に+αで風や水、匂いなどの4D感覚も感じられるように工夫した事を発表した。 
towakouhappyou2.jpg
 ▼電子機械科は3輪ゴーカート製作を発表。実際に試乗走行した映像も流れ、設計での苦労や後輩へのアドバイスとしてこれからの製作課題についても報告された。 
 ▼電子科はラズベリーパイ(音声認識基盤)を使ってマイクの音声で言葉を認識するプログラム開発を発表。目標の認識精度まではいかないまでも音声認識を利用して他の活用法も考えたいと報告した。 
 ▼建築科は木材加工製作を地域連携とつなげた事を発表。七戸養護学校との交流と簡易更衣室やタブレットスタンドなどを贈呈した事、「まごころを形にしたものづくり」を感じる事が出来たと報告した。
towakouhappyou3.jpg
 
 ▼機械科は使い古しのてんぷら油での発電を発表。BDF(バイオディーゼル燃料)を有効活用する方法を考え、様々な用途に使ったが、それでもまだたくさん余る。他の有効活用を考えたいと報告した。
 ▼ロボット研究部の発表では青森県予選での結果報告と、実際に大会と同じようなコースを作り実演してみせた。
towakouhappyou1.jpg
 先輩からの課題を活かし、受け継いだ技術を後輩へ渡す。技術の向上をつなげていく十和田工業の研究発表会は来年も期待したい。
 2月18日に十和田市民文化センターで平成28年度十和田市教育奨励賞表彰式が開催された。これは十和田市在住の小学生・中学生の文化・スポーツの部門で輝かしい成績を残した児童生徒らが対象となり、今年度は小学生からは文化・芸術(絵画・読書感想画・読書感想文・ポスター・俳句・ピアノ発明工夫)で11名、スポーツ(ミニバスケットボール・野球・自転車・レスリング・ソフトテニス・バドミントン)から40名が表彰された。
sportssyourei1.jpg
 中学生部門は文化・芸術(吹奏楽・絵画・版画・読書感想文・ロボットコンテスト・舞踊)から81名、スポーツ(野球・バスケットボール・サッカー・駅伝・陸上競技・ソフトテニス・レスリング・水泳・卓球・相撲・空手)から99名が表彰され、計231名の児童生徒が受賞した。
sportssyourei2.jpg
 児童生徒代表の挨拶ではディクソン太陽くんがチャンスを活かす事、感謝する事を学んだ。これからはチームメイトとも戦うことになるかもしれないが互いに成長していきたいと胸を張って挨拶した。
 青森県の音楽活性化を目的として若手演奏家の豊川麗子さん(ヴァイオリン)、亀山瑠香さん(ソプラノ)、平菜摘さん(ピアノ)の3人で構成されている「Colors」が2月6日に三沢市のおおぞら小学校と淋代保育園、2月9日に光華保育園で訪問演奏とヴァイオリン教室を開演した。
clorshoikuen2.jpg
 音楽の感性は小さい頃に触れる事が大事だと音楽活動の周知を兼ねて小学校や保育園を回って音楽の楽しさを体験してもらっている。
 9日の光華保育園ではコンサートドレスで本格的な演奏を披露。30名いる園児だけではなく、親や祖父母も演奏会を観賞しにきていた。約40分の演奏を堪能してからはワークショップ・ヴァイオリン教室を開催。4本の弦と弓(馬の尻尾)で弾く子供用のヴァイオリンを持たせて始まった。指でキツネの形を作ってから弓を持ち、初めて触れるであろうヴァイオリンを肩に乗せて弾く。園児だけではなく保護者や保育園の先生なども参加して楽しくヴァイオリン演奏を体験した。
clorshoikuen1.jpg
 カラーズは5月7日に十和田市民文化センターで赤ちゃんから聴ける&遊べるファミリーコンサート「音楽のたからばこ」も開演する予定。
 訪問コンサートやヴァイオリン教室、演奏会などのお問い合わせは...050‐3579‐3325(亀山)迄
 三本木農業高等学校農業経済科生徒らとコンビニエンスストア・ローソンが共同開発したお弁当が2月17日から3月2日まで青森県内全店舗で発売される事となった。
 ヘルシーでボリュームたっぷりの「色彩弁当」は野菜不足の人たちに食べて欲しいと生徒が栽培した三農産、青森県産の野菜食材をふんだんに使ってメニューを考案。肉じゃがやきんぴらごぼうなどおかずをそろえて完成した。
sannourouson.jpg
 17日は三農生徒らが三小通り店、東十一番町店の店頭で雨の降る中、お客様に笑顔で声を掛けて販売促進を行った。色彩弁当は498円(税込)で販売。
 1月27日から30日まで平成28年度日本三大開拓地小学生交流事業が開催された。福島県矢吹町、宮崎県川南町、青森県十和田市の交流は戦後の「日本三大開拓地」のもとに三市町の議会が中心となって始まった。終戦後に大規模な開拓が必要とされ、技術的にも困難な地区として国営開墾事業に決定。平成17年度からは三市町の輪番制による交流を実施していて今年が十和田市開催となった。
 27日は十和田富士屋ホテルに十和田市から17名、矢吹町から19名、川南町から20名の児童が集まり迎会を兼ねて交流を深めた。28日は稲生川土地改良区・美土里ネットの協力でDVDで上映し十和田市の開拓の歴史を説明した。それからは移動し、十和田市現代美術館・称徳館などを見学して回った。29日は十和田湖温泉スキー場で楽しくスキー体験をし、長いようで短い交流事業は終わった。
sandaikaitakukouryuu.jpg
 1月19日に十和田馬事公苑(駒っこランド)で「馬そり始走会」と「キッズゲレンデオープン」が行われ、北園幼稚園園児14名が招待され、雪の降り積もる馬事公苑で馬そり体験・にんじんあげ体験とそり滑り体験を楽しんだ。馬そり体験では揺られながらもゆっくりと雪上を歩く馬との時間を楽しんだ。にんじんあげでは顔をなでたりと馬と触れ合う。
 本日オープンとなるキッズゲレンデでは園児らはそりで滑って何回も転がりながら笑顔で坂を駆け上り、寒さも吹き飛ばすように笑顔で楽しんでいた。
kidsgerende1.jpg
kidsgerende2.jpg
kidsgerende3.jpg
 馬事公苑では1月29日に駒っこランド雪まつりを開催。小学生以下対象の雪上ゲームや先着150名様のなべっこだんごのふるまいなどたくさんの企画を用意して来場者を迎える。お問い合わせは...0176‐26‐2100迄
 12月17日に開催された第48回全国ミニバスケットボール大会青森県予選(兼)第41回青森県スポーツ少年団フェスティバル・ミニバスケットボール競技会で十和田南ミニバスケットボールスポーツ少年団女子(以下、南MBC女子と略)が優勝した。
 大会は県内各地区の代表16チームで競われ、南MBC女子としては3年振りの優勝となった。2回戦目は青森地区代表の新城と対戦。前半はリードされるも、後半に追い上げ34‐33で逆転勝利。決勝戦は下北地区代表の赤松と対戦。前半はリードするも後半は追い上げられ39‐37の僅差で終了し、優勝を掴み取った。大会は決して楽な闘いではなかった事を物語る。小山田市長は「個人はもちろん、チームとして頑張れば1+1が2以上の力になるかもしれない。先輩を追い越せるように頑張って欲しい」と選手らを激励し、選手らは小山田市長に全国大会への目標や抱負を述べた。南MBC女子は3月28日から東京都国立代々木球技場体育館で開催される「第48回全国ミニバスケットボール大会」へ青森県代表として挑戦する。
minamizenkoku2017.jpg
十和田南MBC女子選手紹介
 ▽赤坂涼花・小笠原幸香・小山田明愛・佐々木瑠花・加賀くれは・中野渡咲那・下山るな・和島俐穂・栗山ここね・白山佳奈・野月恵麗奈・林崎茉奈香・直町美那・馬場愛友・下山アンナ
 平成28年の9月から始まった県内72チームが参加したトーナメント戦・青森県ジュニア学童野球選手権2016に出場した「十和田スリー☆スターズスポーツ少年団」が勝ち進み、12月11日に開催された決勝戦で小沢ブルーサンダースに6対2で勝利し、見事に優勝!全国大会への出場権を獲得した。
 1月11日に小山田市長を表敬訪問し、大会の結果報告と全国大会への意気込みを伝えた。
 十和田スリースターズは人数不足のために十和田南小と十和田クラブ(北園小と三本木小)の3校の野球クラブチームが合併したチームで今大会が合併してから初の優勝となった。子供たちは「守備には自信があります。全国大会優勝が目標です!」と小山田市長に伝えた。
suristarz.jpg
 十和田スリースターズは平成29年8月に兵庫県淡路島で開催される第39回全日本都市対抗少年野球大会に挑戦する。
 県の大会内容と訪問メンバーの紹介は以下の通り...
 青森県大会結果
▽一回戦/19‐1▽二回戦/10‐0▽三回戦/3‐2▽四回戦/6‐5▽準決勝/8‐0▽決勝戦/6‐2
 選手(ポジション/学校)
5年生
▽泉陽泰(三/北)▽長谷地燿(投/南)▽宮本宇馨(捕/北)▽戸来源樹(一/南)▽中野遙人(二/南)▽市川伊織(中/南)▽松田大和(右/南)▽白山勇翔(左/南)
4年生
▽今野航来(遊/三)▽駒井利朱夢(右/南)▽鶴田敦也(左/南)▽藤田倖成(内/南)▽関口玲輝(外/南)▽木村勇斗(外/南)▽山田康瑛(外/北)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11