生徒諸君!青森の子ども

 「弁当の日」で子どもの健全な自立を促す応援団が主催となり、「弁当の日」の実践校を作る事を目的とした講演会が開催。11月9日の十和田工業高等学校から始まり、三本木高等学校附属中、小さな森こども園、松陽小学校、北園小学校、横浜小学校、ハピたのかふぇ(一般向け)などで開講し、1月21日の三本木中学校まで市内の子どもたちの生きるチカラを育むために講師・佐藤弘氏を招き講演会活動をする。(※松陽小のみ弁当の日応援団代表の大友歯科医院院長・大友聡之氏が担当)
 講師・佐藤氏は方言混じりの軽快なトークで生徒に問いかける。アンケートを基に大学生の食の偏りを伝え、何が原因かを考える。コンビニ食や外食が多いのは忙しいからでもなく、お金がないからでもなく作り方を知らないからだという。子どもの頃から弁当の作り方を教えてもらわないから食材や親への感謝の気持ちも薄い。食生活の偏りから肌トラブルなどの健康への影響も増えてきているという。
bentoukougyou.jpg
 弁当の日を実践した学校の映像を流し実際にどんな効果があったのかを生徒らに紹介した。自分の作った弁当を見せあって笑顔で自慢する子どもたち。そこには会話と笑顔と感謝の気持ちが生まれていた。子ども達が自分で弁当を作る。その実践が健康な心と身体を育んでいくことは証明されただろう。
 「弁当の日」に関してのお問い合わせは...FAX0176‐25‐6060迄
 十和田市民文化センターで十和田こども劇団の第24回定期公演が開演された。
 今回は十和田湖の宇樽部を舞台に自然や命の大切さを知りながら成長していく小人の妖精(コロボックル)の物語「たるべの森のニポポ」が演じられた。子どもたちは会場に訪れた多くの観客の前で元気に大きな声で舞台を演じていた。
 主人公のコロボックル・ニポポは、森に棲む木霊やカエルと過ごしている毎日を送りながら何のために生まれ、どんな役割が自分にあるのか考えていた。不思議な力で森に迷い込んだ人間の子ども達と出会い、様々な経験を通して成長して行くニポポが演出されていた。
tarubenipopop.jpg
 新しい演出では最近メディアで取り上げられている「幻の穴堰」もストーリー中に取り入れられ十和田市をもっとイメージしやすくなっていた。
 自然の大切を学び無事に森から抜け出した子ども達。人と自然が共存していく十和田市を表現し舞台は終了。笑顔で充実感溢れる子ども達に会 場からは拍手喝采が贈られた。
 十和田こども劇団では劇団員を募集中。小学2年生から中学1年生まで気軽に参加できる体験教室も開催している。お問い合わせは...080‐1834‐5134(事務局・大久保)迄
 十和田市教育委員会の事業の一環で地域の特色ある高等学校の専門性に触れ、将来の夢や希望を考えるきっかけづくりとなる「とわだhigh schoolフェスティバル」が10月7日に三本木農業高等学校で開催された。
 市内小学校5年生から6年生の児童14名が動物科学科生徒らと食と文化の体験教室「焼肉のタレづくり」を学び、自分たちで調理して焼肉のタレを作った。慣れない包丁を使って調理をした後は焼肉の試食。焼肉も普段は自分で焼かないのかトングも不慣れな様子で苦戦しながら楽しんで焼いて自分が作ったタレで食べていた。
sannoujyuniahai.jpg
 10月21日に十和田市民文化センターで第3回目となる「こどもヒップホップぱらだいす」が開演された。出演者、出演チームは全26組。小さな子の可愛らしいダンスや小学生の伸び伸びしたダンス、中・高生や大人のキレキレのダンスなどで会場は盛り上がった。静かに聴くコンサートではなく掛け声や拍手など会場も一体となって音楽とダンスを楽しんだ。次回は2018年秋に開催する予定。お問い合わせは...0176‐24‐2777
kodomohipuhop1.jpg
kodomohipuhop2.jpg
kodomohipuhop3.jpg

 10月8日にカワヨグリーン牧場で2017おいらせふれあい牧場デーが開催された。
 休日を楽しむ親子らで牧場は賑わい、ロープで木登り(ツリーイング)やペットボトルロケット飛ばしやペーパークラフトなどの体験コーナー、羊と触れ合ったり羊飼いのゴルフなどを楽しんだ。
hureaibokujyou11.jpg
hureaibokujyou2.jpg
 ステージイベントでは胡蝶蘭舞の和太鼓演奏、Marmaladeのバンド演奏、ばばらあやかさんの弾き語りで牧場でくつろぐ親子の時間に華を添えた。
 十和田市出身のファゴット奏者の前田正志さんが母校である十和田市立南小学校で音楽会を開演した。前田さんはアンパンマンなどのアニメ音楽の録画に参加するなど活躍している音楽家で、仲間であるフルート奏者の関聡子さんと母校を訪れ、南小学校児童511名に音楽の魅力と楽しさを伝えた。
minamiongakukai1.jpg
 ピタゴラスイッチのテーマ曲や人生のメリーゴーランド(ハウルの動く城)など聞き覚えのある人気曲からアイルランドの民謡メドレーなどを奏でて、楽器の由来や特徴や魅力などを語った。最後は校歌を児童の歌と共に演奏し音楽会は終了した。
 10月28日に開催される瀋陽B‐1グランプリにボランティアで向かう三本木中学校生徒に上北森林組合から応援したいと青森県産ひばで作ったB‐1グランプリを象徴する巨大な箸が寄贈された。青森県産ひばは150年以上の歴史をもつ天然檜葉で抗菌・防虫・脱臭・精神安定効果をもつと言われる「人に優しい」であり、それを加工して大きな箸を作った。また、箸を収める桐の箱も同時製作。防湿・防カビ・防虫・耐火性のある木で火災にも強く天然の防火タンスとしても知られる
 日中友好の懸け橋になって欲しいと想いから「愛のかけはし」として10月18日に三本木中学校校長室で寄贈式が行われた。上北森林組合代表理事組合長の赤石継美氏は「B‐1グランプリでの三中生徒の活動に感動した。何かの形で応援できないかと思い今回の箸の寄贈を考えた。青森県産ひばと同じく大きく成長し、十和田市を元気にして欲しい」と挨拶した。
 小泉教頭は「三中はおもてなし日本一を目指している。地域の方々からの支援もあり、中国で学べるチャンスを活かし、たくさんの事を学びたい」と抱負を述べた。
 三中生徒代表として下山さんが「今もらった箸を中国に持っていき、十和田市の魅力をPRしていきたい」と感謝の意を述べた。三中生徒らはこれから10日後に畑中舌校長らと瀋陽で素晴らしい体験をし、成長して戻ってくる。
sinyoukakehasi.jpg
 10月21日にサン・ロイヤルとわだで「小さな親切運動」十和田支部40周年記念式典が開催された。
 「小さな親切」実行賞では「美しいあいさつ日本一」を目指し、学校独自でゆるキャラ「オアシスマン」を考え挨拶運動を実施している『十和田市東小学校』、ふるさとよさを発掘し、自作した歌「たからもの」を通じて十和田市の魅力発信を実行している『十和田市立三本木小学校』、「奥入瀬川クリーン作戦」に毎年親子で参加し、清掃活動を通して地域貢献を実践している『県立三本木高等学校附属中学校2学年PTA』の三組へ授与された。
 「作文コンクール」では三本木小学校・切田中学校・大深内中学校・附属中学校の4校から63点の作文が出展され優秀賞・最優秀賞が小学校の部、中学校の部でそれぞれに表彰された。作文は親切についてがテーマで自分がしてもらった親切や実行できた親切など実体験から学んだ「親切」が書かれ最優秀賞を受けた十和田市立三本木小学校4年・柴崎里桜(りお)さんと県立三本木高等学校附属中学校1年・櫻田莉子(りこ)さんが読上げの発表をした。
 最後に三本木小学校音楽部が「たからもの」を合唱し式典は終了した。
chiisanasinsetujyusyou1.jpg
chiisanasinsetujyusyou2.jpg

 十和田市立ちとせ小学校で10月16日にJFAこころプロジェクト「夢の教室」が実施された。これは夢を叶えたアスリートを特別授業講師として迎え、様々な想いや実体験を子どもたちに伝えることによって夢を持つことの大切さを学ばせるために企画された。
 講師は元プロサッカー選手の島田裕介さん(同じく元プロサッカー選手の高田保則さんがアシスタントとして入る。)前半は体育館で身体を動かすゲームを一緒にしながら子どもたちとの距離を近づける。
yumesensimada.jpg
 後半は黒板を使っての授業の時間。自己紹介から始め、Jリーグを4つ移籍し、最後は韓国でプレイしたことを映像で伝えた。小学校3年生の頃に兄の影響でサッカーを始めた。体格も身長も違う兄に勝てるものを探しリフティングを始めた。小学校5年生になる頃には1000回を達成。同じ時期にJリーグが開幕し自分に夢が出来た事を伝えた。しかし現実は弱小チームだったために市大会で敗戦。モチベーションの上がらない中でも黙々と自主練習は続けた。その成果あってか中学時代に県選抜に呼ばれる。しかし、その中では自分が一番下手と気付かされた。そんな中でも自分の左足のシュートだけは負けない武器だと気付き試合にも出場することが出来た。高校時代は強豪校へ進学し朝から晩までサッカー三昧...しかし全国大会へは一度も行く事は出来なかった。
 決してエリートサッカー人生を歩んでこなかったが何度も挫折しながらも諦めず続けたことがJリーグ、プロサッカー選手につながったと子どもたちに伝えた。
 最後に子どもたちからの夢の発表、スポーツ選手やユーチューバ―、美容師や建築士、父の後を継ぐなどの声もあった。「継続は力なり」を証明してくれた島田講師に挨拶し記念撮影をして夢の教室は終了した。
 三本木農業高等学校植物科学科の生徒らが10月5日に十和田湖・奥入瀬渓流を学ぶことで環境保全の意識を深め、苔を活用した観光資源としての活用を考えるためにコケの観察会と蔦温泉周辺の散策を行った。
sannoukokesansaku1.jpg
 初めに奥入瀬自然観光資源研究会理事・川村祐一氏の講義を聴き、十和田湖・奥入瀬渓流が出来た歴史と、小さなコケから始まった雄大な自然の軌跡を伝えた。午前はルーペとスマホを持って苔の観察をし、午後は蔦温泉周辺の散策をして観光客の受け入れの課題を考え、自然環境と観光資源を学んだ。
sannoukokesansaku2.jpg
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11