生徒諸君!青森の子ども

 9月6日に十和田市教育委員会指導課主催で十和田市内・近隣の中学2年生を対象に、文化やスポーツなどで夢を実現させてきた著名人に講演を依頼し、夢や希望をもって努力し続ければ叶うという意欲や態度を育てることを目的とした講演会が開催された。平成26年度はオリンピック選手、平成27年度は宇宙飛行士、そして平成28年度の講師を務めるのは八戸市立市民病院 副院長・救命救急センター所長の医師「今 明秀」さんだ。
konhideyumecyou.jpg
 始めに集まった中学生に問いかけた。明日、隣にいる人が亡くなると想像できますか?たぶん死から離れている生活をしているので想像は出来ないと思います。と言って過去にAEDがあったら助かったであろう17歳で亡くなった女の子の実話を語った。スライドショーに映し出された笑顔の女の子。突然倒れ、原因もわからぬまま放置され病院までの往復にも時間がかかり...結果は悲しいものとなった。あの時AEDや心臓マッサージの知識があったら、あの時救命救急があったら確実に助かっていた命。もしそんな場面に遭った時に命を助けられる人になって欲しいとAEDの使用方法を中学生に分かり易く説明した。
 46歳の時に八戸の救命救急にきた。医師不足もあって当時はたった1人で始めたという。1人では救えない命もある現実に直面し、忙しい中にも講習会や若手医師の指導に歩いて救命救急のスタッフを増やした。陸路よりも数倍速い空路を利用して手遅れにならないようにドクターヘリを始めた。現場での救急な治療も必要な事もあり医師と医療機器を載せたドクターカーも始める※これは世界でもパリと八戸市にしかない。そして今では外傷治療成績は国内2位という結果を収める。
 講演は笑いをいれながら子供たちが飽きないように惹きこみ、命の話しを真剣に語りながら子供たちに命の大切さ、命を救う仕事を考えさせる。集まった中学生516人が今医師の話しを聞き逃さないように聴く姿勢が自然と出来ていたように感じた。最後に生徒の質問には、医師になるにはお金もかかるし勉強もしなければならない。でもそれは大学に行くために必要なだけで、一番大切なのは「心」なんだと伝えた。
 最後にお礼の言葉を生徒代表の甲東中学校2年芦沢凜音さんが「どんな困難な状況でも諦めなければ乗り越えられる。先生からの言葉を忘れずにこれからも頑張っていきたいです」と伝えた。最初から最後まで学びと感動と笑いがあった素晴らしい命を救う講演会となった。
 8月16日に稲生川で灯ろう流しが開催された。当日は強く降った雨で中止の心配もあったが7時ぴったりに雨は止み、小山田市長の挨拶の後、消防団員の手により稲生川に流された。
 寺子屋稲生塾では7月23日に十和田シティホテル駐車場に集まり、十和田の歴史と先人が開拓した稲生川の大行灯流しの歴史について学んだ。この日は会場に37名の塾生が集まり、紙パックやペットボトル、木枠に貼り紙を貼った灯ろうに思い思いの色や柄を塗って制作した。
terakoyatourou.jpg
 大行灯制作はみんなで色を描きながら制作。見物客を見守るように灯ろう流しの会場を明るく照らした。
terakoyaianoi2.jpg
 社会福祉法人十和田市社会福祉協議会が安心して暮らせる地域社会づくりを目指し、子どもの遊びと学び、高齢者の見守りと伝える場を共有しようと夏休み期間に「寺子屋」を開催した。東小学区と南小学区を対象に小学1年生から4年生までの児童に呼びかけ、地域を見守る高齢者との交流を目的に7月25日から開催。
 8月8日には南小学区ではフードバンクだいち(青森市)から無償で食材を提供してもらい慣れない包丁でカレー作りを行った。他にも竿燈作りや紙粘土体験、工作やゲームなども体験した。
syakyouterakoya1.jpg
syakyouterakoya2.jpg
 8月9日には東小学区の子どもたちが十和田工業高校で木工体験をした。木製のフォトフレームを作り、カンナ掛けでは長さを競って楽しんだ。他にも陶芸やグランドゴルフも体験した。
syakyouterakoya3.jpg
syakyouterakoya4.jpg
 子供たちは遊びながら学び、高齢者は子供たちと触れ合いながらさまざまな事を伝えていた。地域と世代間の交流の学びの時間を思い出とし、夏休みを終えた。
 社会福祉法人十和田市社会福祉協議会の寺子屋に関するお問い合わせは...090‐7529‐2215迄。
 8月3日に十和田市民図書館で第3回目となる「子どもビブリオバトル」が開催された。1人3分で発表者が読んで欲しい本をプレゼンする。発表後にどの本が一番読んでみたくなったかを投票し、チャンプ本を決めるイベントだ。今回は駒田友多加くんがプレゼンした「なんにもできなかったとり」が選ばれた。
bivuriobatll.jpg
↑チャンプ本をプレゼンした駒田友多加くん(写真右)

 7月29日に行われた「第16回高校生ものづくりコンテスト電気工事部門」で十和田工業電気科3年の斗沢宗弦くんが優勝し、全国大会への出場報告を兼ねて、小山田市長を表敬訪問した。
 競技は決められた時間内に配管・配線工事をし、速さと正確さを競う。斗沢くんは「本番では気温が高く、うっかり学校名を付ける場所を間違えてしまった。全国大会ではノーミスで優勝したい」と市長に報告した。沼内史好教諭は「十和田工業では電気工事第二種はもちろん第一種も取得させている。即戦力として会社に就職することが出来る」と十和田工業の技能の高さを伝えた。市長は「受賞は学校の評価にもつながる。十和田市のためにも頑張って欲しい」と称えた。また、同大会の木材加工部門でも同校建築科の川村夏海さんが3位入賞を果たした。
towakoumonodykuei.jpg
 7月に開催された東北電力旗第29回東北ミニバスケットボール大会青森予選会で十和田南ミニバス女子が優勝を収め、青森県の第一代表として東北電力旗東北大会へ出場する事となり小山田市長を表敬訪問した。コーチの佐々木奨さんは「新人戦県大会では一回戦負けでした。その悔しさをバネに夏の県大会準決勝で新人戦で負けたチームを相手に勝つことができ、決勝を制すことが出来たと思います。」と市長に報告した。
 市長は「今はオリンピック選手も金メダルを目指して頑張っている。みなさんも夢に向かって挑んで欲しい」と激励した。
 キャプテンの赤坂涼花さんは「私たちは小さいのでスピードを活かしてディフェンスを頑張ります!」と市長に意気込みを伝えた。東北大会は8月12日・13日に開催される。
minaminimibasutouhoku.jpg
 ※追報/東北大会戦績/一回戦・おだき(岩手) 39‐19で勝利/二回戦・白河EAST(福島)42‐33で勝利/準決勝・千畑(秋田)51‐34で敗退。東北大会第3位の成績を収めた。
 十和田市立三本木中学校サッカー部が第37回東北中学校サッカー大会で第3位の成績を収め、23年ぶりとなる全国大会の出場を決め、その報告を兼ねて小山田市長を表敬訪問した。
 予選ではほぼ無失点という「4‐1‐4‐1」の守りのチーム。東北大会準決勝で東北学院(宮城1位)に4失点を許し敗戦したが3位決定戦では持ち味の守りを活かし、遠野(岩手1位)を2‐0で下し、全国大会出場を決めた。
 小山田市長は「去年のB‐1グランプリでは三本木中学校生徒らには協力してもらい力になった」と御礼し「青森県代表として全国で暴れてきて欲しい」と激励した。三本木中学校サッカー部員は全52名(うち3年生は21名)、その競争の中でユニフォームをつかみ取った選手らは実力と自信を兼ね備えているだろう。キャプテンのディクソン太陽くんは「チームでは先輩のベスト16の記録を超えるベスト8を目指し、個人では自身の力を発揮したい!」と市長に意気込みを伝えた。
 監督の力石健さんは、十和田市はサッカーをする環境がある。1人1人の個性を発揮させれるように頑張りたいと話した。全国大会は8月20日から25日までの5日間、富山県で開催される。
sancyuusakkazenkoku.jpg
 ※追報/全国大会戦績/一回戦・神村学院中等部(鹿児島)2‐2(PK4‐3)で勝利/二回戦・東北学院中学校(宮城)0‐1で敗退となった。
 8月15日(月祝)に十和田市相撲場で第65回選抜高校相撲十和田大会が開催された。全国から集まった猛者達が十和田市に集結する十和田市開催の全国大会。開会宣言の後、優勝旗・優勝杯が返還され、選手宣誓のあと大会は始まった。
 団体戦は40校での団体予選が始まり16校に絞られ決勝トーナメントに勝ち進む。個人戦は153名の選手が予選を戦い32名に絞られ決勝トーナメントに勝ち進む。土俵の上で身体をぶつけ合う選手らは長い練習の成果を一瞬の勝負で結果とする。気温も上がり会場では激しい熱戦が繰り広げられた。
 団体戦▽優勝・海洋高校(新潟)/2位・鳥取城北高校(鳥取)/3位・埼玉栄高校(埼玉)・三本木農業高校(青森)
 個人戦▽優勝・川上竜虎(熊本)/2位・佐藤淳史(石川)/3位・長谷川聖記(愛知)・中村泰輝(新潟)となった。
sumousensyuken1.jpg
 8月21日に十和田市教育委員会主催の「2016イングリッシュ・デイinTowada(夏)」が開催された。学校の授業で一緒に過ごすALT(外国語指導助手)たちと英語を身近に感じてもらい、身振り手振りで活動を行う事で英語に対する知識や興味を高める事を目的に、小学校5年生から中学校3年生までの市内の子供たち86名が集まり開催された。
 現在、外国語活動は小学校5年生から始めるのだが、2020年から小学校3年生から外国語活動が取り入れられ、小学校5年生から授業として取り組む事が決まっている。第10回目となるイングリッシュ・デイは普段の授業とは違った英語との触れ合いが楽しめる「レッツ エンジョイ スクールヤード オリンピックス」と題して開催。参加した子どもたちはボールやサイコロを使った外国のゲームを楽しんだり、自己紹介やランチなど英語を身近に感じながらALTの講師と楽しく過ごした。
 日本人とは違ったジェスチャーやイントネーションを知る事で英語力が上がる事につながればと感じた。
altjyougyou1.jpg
altjyuguou2.jpg
 7月30日に開催された第38回ライオンズクラブ杯争奪U‐14サッカー大会。2日間、県内の16の代表チームが競い合い、リベロ津軽SCU‐15が優勝。十和田中学校が3位、三本木中学校が4位の成績を収めた。
 主宰の十和田ライオンズクラブでは、青少年の心身の育成を目的とし、薬物乱用根絶の呼び掛けを強調、会場掃除の環境への配慮など、試合結果だけではなく子供たちの成長につながるようにと大会を運営した。その活動の一環として今回は会場に募金箱を設置、集まった23920円を優勝したリベロ津軽の生徒に代わり、十和田中学校生徒が8月4日、社会福祉法人十和田市社会福祉協議会を訪れ、理事長・江渡恵美さんへ寄附をした。
 十和田ライオンズクラブ会長・佐々木貞夫氏はスポーツを通して学ぶこと、子供たちへの呼び掛けなどを大切にし、青少年育成のために少しでもお役にたちたいと挨拶した。
raionzukihu.jpg
↑寄付金を贈呈する十和田ライオンズクラブ役員と十和田中学校生徒、中央は理事長・江渡恵美さん
3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13