おすすめしたいおみせ

「やさしさ」で届ける手づくりコスメ
種は木となり花を咲かせる肌への贈り物
iwakirieko.jpg
合同会社 ゆきの木 石鹸工房「種々と木々」
代表社員 岩城 利英子さん

 今回スポットを当てたのは合同会社ゆきの木・石鹸工房「種々と木々」の代表社員・岩城利英子さん(48)。十和田市出身の昭和44年6月15日生まれ。三沢商業高等学校を卒業してから東京の美容学校で学び美容師として勤める。縁あって九州の化粧品会社へ転職し10年間化粧品作りなどの美容について知識や技術を身に着けた岩城さん。父が亡くなり母が一人暮らしとなったために帰郷を考え、そのために起業をする事を決意した。起業するには化粧品製造販売業の許可が必要なため、その許可を取得するために43歳で北海道の専門学校の化粧品コースへ進学し、薬学・化学の専門課程を修了した。青森県内では化粧品製造販売業の許可を取得しているところは意外と少なく4件目の許可取得となった。
 現在、化粧品業界は大手の異業種が参入していて選ぶ側も何を基準にしていいかわからない状態で想いの打ち出しや記載してある効果で選ぶ人は多いだろう。石鹸工房「種々と木々」では岩城さんが化粧品製造販売業の許可を取得したという責任を持ち、厳しい試験を通過したお肌に優しいこだわりの手作りの商品を販売していきたいと語った。( ※商品は12月頃からネット販売で開始予定・詳しくは「種々と木々」で検索。またはホームページ『syusyu-and-kigi.com』で検索 )
 化粧品は通常適切な保存条件のもとで3年以上品質が変化しないもの等、薬機法で細かく厳しく定められている。そこで売るのではなく作ることに目を向けた手づくりコスメ教室を始めた。販売だけではなくコスメの作り方を教えるワークショップを開催していくことで、肌に悩みのあるお客様の声を直接聞いて、お客様に合った化粧品を作るためのレシピなどを伝えていきたいと語った。無添加・防腐剤なしで作るため化粧水や乳液は消費期限が短いことや、冷蔵庫で保存するなど必要事項はあるが自分だけの自分にあった優しいコスメを発見できるかもしれない。
orta1.jpg
◎場所/十和田市稲生町15-16(中央ビル1‐1)
◎TEL/0176‐25‐0185
◎営業時間/LUNCH午後0:00~午後4:00 (ラストオーダー午後3時)/DINNER午後6:00~午後10:00(ラストオーダー午後9時)
◎定休日/毎週月曜日&第1・3火曜日(※4月~10月は野菜作りのため平日のランチは休業)
◎駐車場/あり

 商店街のみぞぐち布団店となりにある農園カフェ「orta」は約6年前にオープン。北海道で修行を積んだオーナー・羽沢さんが野菜本来の美味しさを味わって欲しいと自家農園で育てたオーガニックな料理を提供している。店内は落ち着きのある雰囲気で少人数用のテーブルが並び、週末は奥のテーブル席も使い30名ほどの団体も受け入れる事ができる。(貸し切りは12名様以上から)
 野菜がメインのパスタはもちろん、ランチについてくるスープやスイーツなども野菜の美味しさを引き出すための工夫と食べる側が楽しんでもらえるようにお洒落でリーズナブルな値段で提供されている。夜はお酒も楽しめて2,500円~4,000円の貸し切りコースメニューも充実している。
orta2.jpg
↑ランチは680円~、写真は本日のおススメパスタ・自家製天然酵母パン・プチ前菜3点盛り・デザート・ドリンクまでついて税込1,200円

orta3.jpg
↑生ハムとほうれん草のペペロンチーノ
tonkichi1.jpg
◎場所/十和田市東十四番町8‐32
◎TEL/0176‐22‐8658
◎営業時間/午前11:00~午後8:00 
◎定休日/なし(臨時休業あり)
◎駐車場/あり
 創業は平成6年、現在23年目を迎えたラーメン店の老舗「ラーメン処とん吉」を訪ねた。お昼時になると会社のサラリーマンや作業員、主婦や家族連れなどで駐車場もいっぱいになるほど賑わっている。数々の賞を受賞した昔から変わらない安心の味と平日のお昼時限定のお得なランチセットにはギョーザとライスがついて700円から選べる。
 美味しさはもちろん、選ぶラーメンで太麺、細麺を使い分けるこだわりとがお客様の舌を納得させ足を運ばせている。
↓店名を名付けた自慢の人気メニュー とん吉みそラーメン 860円(税込)
tonkichi2.jpg
↓6種類から選べる平日限定のお得なセットメニュー(写真はAセット・700円)
tonkichi3.jpg
menyadaichi11.jpg
◎場所/上北郡東北町大字大浦立野66‐2
◎営業時間/午前11:00~午後7:30 (※スープがなくなり次第終了することがあります)
◎定休日/木曜日
◎駐車場/あり(大型車も可)
 今回は東北町役場小川原湖交流センター宝湖館から三沢市方面へ向かう途中にあるお店、来年でちょうど創業10周年を迎えるラーメン屋「麺家だいち」を訪ねた。店内に入るとコの字型のカウンターが8席、4人掛けのテーブルが3席(+子供用イスあり)、6人で座れる小上がりが2席ある。店長のマンガ好きからか約2000冊もの漫画本が置いてあるのも印象的だ。塩ラーメンや油そば、黒醤油チャーハンなど定番の人気メニューの他にも期間・数量限定の特別メニューも常連客を離さない。また、最近開発したという他では絶対に食べられない濃厚な味わいの「味玉」もおススメだ。変わらない味と挑戦していく新メニューはどちらも一度は食べて欲しい。
menyadaichi2.jpg
↑定番の人気メニュー 塩チャーシュー 850円(税込)
menyadaichi3.jpg
↑スープのない熱々の油そば 700円(税込)
rikyuu3.jpg
◎場所/十和田市東十二番町10‐34
◎電話番号/0176‐22‐5007
◎営業時間/午前11:00~午後2:00/午後5:00~午後9:00
◎定休日/火曜日 ◎駐車場/あり
 今回は元々は喫茶店だった名残を残すお食事処、現オーナーとなり創業21年となった「四季の喰い切り利休」を訪ねた。お昼時に店内を訪れると「今日の日替わりランチは〇〇です」とすすめられる。900円(税込)で小鉢など5~7品もついてくるランチは好評で店内はお昼から混み合っている。カウンターが5席、テーブル席が6席、小上がりが4席あり、料理は和食から洋食まで幅広くある。驚くのはそのボリューム。大きめのトレーにメインの料理とご飯、小鉢とサラダと味噌汁がついてくる(メニューによって変わる)。おススメは柔らかいお肉にサクッとした衣をまぶしたカツとさっぱりしてて濃い口のカツカレー。食べわるとお腹いっぱいになる満足の逸品だ。
rikyuu1.jpg
↑三元豚のロースカツ 1,200円(税込)
rikyuu2.jpg
↑ボリューム満点のカツカレー 1,100円(税込)
hanasakian1.jpg
◎場所/十和田市東二十三番町1‐8
◎電話番号/0176‐24‐2311
◎営業時間/午前9:00~午後7:00
◎定休日/不定休 ◎駐車場/あり
 今回は飲食店ではなく、大学通りの三木野公園近くにあるお菓子のお店「花咲庵」を訪ねた。今年で創業は16年目となる。店内に入ると色とりどりで形も様々な華やかなお菓子がたくさん目に入ってくる。新商品開発には毎年チャレンジしていて、現在で全155品目(季節限定商品含め)となる特徴のある商品の中でもこだわっているのが寒天を使ったスイーツだ。全国的にも有名な伊那食品工業㈱の「かんてんぱぱ。」の取扱店として認められている。
 人気商品のもちもちしっとりのどら焼き「かんだど~ら」、オススメのクルミとしょうゆの餅風煎餅「ハニカムダ」、奥入瀬渓流をイメージした関連商品も多数あり、味だけではなく商品名から包装まで工夫してあり、見ているだけでも楽しめる。また、消費者には嬉しい少し形の崩れた「わけあり商品」も安く提供している。
hanasakian2.jpg
↑↓見た目も華やかでたくさんの味を楽しめる品揃え
hanasakian3.jpg
kakutomi2.jpg
◎場所/十和田市稲生町20‐6
◎電話番号/0176‐22‐2991
◎営業時間/午前11:30~午後2:00/午後5時~午後8時
(ラストオーダー午後7:30)
◎定休日/日曜日 ◎駐車場/あり
kakutomi4.jpg
 今回は創業は昭和50年。今年で42年目を迎える老舗の「かくとみ」を訪ねた。市民交流プラザ トワーレの斜め向かいにあるお店の暖簾をくぐると、キッチン越しの並んだカウンター、ゆったりとした小上がりがあり、ポスターやメニューなどが壁に貼られているような昔ながらの落ち着いた店内の雰囲気には初めての人でも馴染めるだろう。昔から根強い人気の「から揚げ定食」はワンコイン(税込540円)で注文でき、酢ラー油でつけて食べるさっぱりとした熱々のから揚げは美味しいの一言。他にもラーメンやそばもあり、肉・野菜・魚などを使った様々な定食は毎日きても飽きさせないだろう。夜はお酒も出しており、単価300円から800円という安さで食事を楽しむことができる。
kakutomi1.jpg
↑酢ラー油をつけて食べる人気のから揚げ定食 500円(税込540円)
kakutomi3.jpg
↑たくさんの味を楽しめるてんぷら定食 500円(税込540円)
mirumaunten1.jpg
↑↓歴史を感じさせる古民家ならではの魅力と、改装して生まれ変わったお店の歴史も楽しめる雑貨カフェ
mirumaunten4.jpg
mirumaunten2.jpg
◎場所/十和田市稲生町22‐35
◎電話番号/0176‐22‐1878
◎カフェブログ/http://cafemil.exblog.jp
◎営業時間/午前11:30~午後8:00
(ラストオーダー午後7:00)
◎定休日/月・火曜日(変更あり)
◎駐車場/あり
 今回は大正3年からあった古民家をリフォームして7年前にカフェ・雑貨店としてオープンした「カフェミルマウンテン」を訪ねた。
 店長は元々八戸で雑貨店を経営していたが9年前に十和田市を訪れた時に奥入瀬渓流や現代美術館があって観光客がいるまちなのにお昼に食事できる場所が少ない。そんな思いから9年前に十和田市に移住して古民家を借りて改装しながらスタートしたという。店内は梁がむき出しの吹き抜けの空間に木調の手作りの椅子や棚があり、見ているだけでも楽しい。道路側はコンクリート床に太陽が差し込み、棚にはあまり他では見かけないようなお洒落な雑貨が並んでいる。2階の階段を昇ると屋根裏部屋を想像させるような空間があり、この席が好きだというファンも多いのだという。オープン当初は様々なメニューを提供していたが手作りにこだわるために今の品数に落ち着いた。県外からわざわざ食べにくるお客様もいるほど不思議な魅力のあるカフェではブログだけで発信している時期限定の特別メニューもあり、そちらも見逃せない。
mirumaunten3.jpg
↑チキントマトライス
やわらかいチキンと煮込んだトマトの旨味が美味しい。自家製のピクルスを添えて 700円(税別)
happyhome.jpg
◎場所/十和田市稲生町14‐44
◎電話番号/0176‐22‐8900
◎営業時間/午前11:00~午後20:00
◎定休日/木曜日 ◎駐車場/なし

 今回は平成27年5月26日に新規オープンしたCafe Happy TREE(カフェハッピーツリー)を訪ねた。入り口は商店街の通り道にある小さな横道の狭い通路で、そこを通ると奥には普段とは違った世界に迷い込んだかのような雰囲気のお洒落なカフェがある。マスターの飯田さんは美術や音楽やダンスなど多彩な趣味を持ち、インディアンに興味があって海外を旅していた場所でネイティブアメリカンの料理に出会った。両親の介護のために十和田市に在住する事になり、大阪でパティシエの勉強をしていた白山さんに声を掛け、手作りのホームメイドスタイルの共同経営でスタート。昔は倉庫だったものを全て自分たちで手作りリフォームをしオープンした。本場の味を伝えたいために粉の配合から考えたパンケーキやベーグル、海外輸入の生豆から自家焙煎をする味わい深い珈琲をメインにお客様に提供。「ニーズに合わせない」をテーマにした"こだわりと知識"も楽しめる。ここでしか味わえないベーグルや珈琲には根強いファンもいて「ここにいてここでない」非日常的な特別な時間と空間、一つ一つのものが付加価値となって訪れるお客様を迎える。
happybegul.jpg
↑ネイティブアメリカンベーグル
ボリュームもあるクリーミーでスパイシーな味。650円(税込)
happyaice.jpg
↑バナナスペシャル
バターとはちみつで香ばしく焼いたバナナとパンケーキの相性が抜群。800円(ハーフ450円)(税込)
happycofee.jpg
↑海外輸入の生豆から自家焙煎をする味わい深い珈琲
anjintei3.jpg
anjintei4.jpg
◎場所/十和田市洞内字井戸頭143
◎電話番号/0176‐22‐8900
◎営業時間/午前11:00~午後9:30
(ラストオーダー9時)
◎定休日/火曜日◎駐車場/有り
 今回は昭和23年に製麺業として創業した(有)はっと庵が平成9年に飲食店としてオープンした麺食処あんじん亭十和田店(旧はっと庵※平成14年に改名)を訪ねた。テーブルと小上がりで58席、座敷を合わせると90名ほど入る広い店内は薄い木調の内装に光が差し込むような落ち着いた雰囲気があり、一人でも団体でも気兼ねなく食事が出来る。メニューは豊富でメインのソバ以外にも季節限定のおススメ料理や、あずきばっと(おしるこの中にきしめんが入った八戸の郷土料理)やおはぎなども隠れた人気がある。こだわりのソバは蕎麦の実の中心の白い部分を使用しているので香りは弱く口当たりがいいので甘口のつゆで合わせているので食べやすい。夏には夏の、冬には冬の美味しいそばが食べられる。
anjintei1.jpg
↑おススメのざるっこ天ぷらそば3枚と天ぷらがついて 940円(税別)
anjintei2.jpg
↑お得な天重セット ボリュームたっぷりの天重にそば2枚とコーヒーも付いて 1,210円(税別)
1  2  3  4