おすすめしたいおみせ

restoranema.jpg
◎場所/上北郡七戸町字荒熊内67‐94七戸町文化物産館(道の駅しちのへ)
◎電話番号/0176‐62‐5777
◎営業時間/午前10:00~午後6:00
◎定休日/無休 ◎駐車場/有り
 名物の「馬肉ラーメン」、ここでしか食べられない「けいらん」、定食のフライやそば、カレーや丼ものなど多種目なメニューでお客様を迎え、いつも賑わっている道の駅しちのへにあるレストラン絵馬。物産館側と裏の駐車場側に出入り口が二つ、郷土料理をテーマに地元産品を多くメニューに取り入れるなど地域に根差したレストランだ。お昼時には観光客から地元の人、子供から大人までたくさんのお客様が訪れる人気店は豊富なメニューに満足の味と量、お手頃値段が人気の理由。
 店内は団体を受け入れられる広めのテーブル席と、一人でも安心のカウンター席があり、窓からは馬の銅像がある園庭と鷹山宇一美術館が見渡せる。
rsutoranemanagaimo.jpg
↑新メニューの「長いもすいとん定食」1日限定20食。十穀米ご飯、赤カブの酢漬、大根なますがセットについて驚きの500円で提供。
restoranramen.jpg
↑少し辛めで野菜たっぷりの馬肉ラーメン 900円
haopitanomise.jpg
hapitanotenai1.jpg
◎場所/十和田市稲生町16‐43
◎電話番号/0176‐23‐0853
◎営業時間/午前11:00~午後6:00
◎定休日/日曜・祝日  ◎駐車場/なし
 創業は2011年7月7日、様々な縁やきっかけがあり、今年3月14日に商店街へ移転オープンした「ハピたのかふぇ」は地域の交流の場として、地域で子供を育てようとNPO法人を起ち上げた中沢さんが代表を務める。明るい木調のテーブルに白い壁、2階には多目的に使用できるハピたのルームも設置。小さなお子様から高齢者まで幅広い年代のお客様が訪れていた。
 ハピたのカフェでは地産の食材や調理法にもこだわり、健康と美味しさを考えたメニューが用意されている。また、オリジナルのごぼうドレッシングを開発したり、米粉のスイーツなども販売するなど、十和田愛に溢れた食材の品揃えがうかがえる。ランチメニューは十和田市の特産品が分かり易く書いた手作りメニュー。時期によって変わるものもあるが約800円~1,000円で提供している。様々な企画イベントなども引き受けているため今後も注目したいお店だ。
haoitanoranchi1.jpg
十和田ぼけしらずねぎとしらすのかき揚げ丼&ごぼううどん 1,080円(税込・ドリンク付)
haoitanoranchi2.jpg
シンプルな味付けが食材の味を活かす「十和田産ごぼう入りハンバーグ」 800円(税別)
hibikigaikan.jpg
◎場所/十和田市大字相坂字高見147‐89
◎電話番号&FAX/0176‐27‐6626
◎営業時間/4月~11月:午前11:00~午後4:00/12月~3月:午前11:00~午後3:00
◎定休日/毎週水曜日(年末年始、お盆休み有り)
◎駐車場/あり
 十和田市校外のブルーベリー農園に囲まれた古民家をリフォームし、木のぬくもりを感じる和風モダンな店構えでお客様を迎える「農園カフェ日々木」は平成19年にオープンした。店内は落ち着いた雰囲気で、団体でも受け入れられる小上がりと温かさを感じるテーブル席があり、椅子は高過ぎず高齢者でも座りやすいような細かい配慮も感じる。
 野菜ソムリエ厳選のランチメニューは季節によって変わる旬の彩りと濃くない味付けが素材を活かし、ヘルシーでもお腹いっぱいになるような工夫もある。野菜はエコファーマーの農家と連携し栄養価の高い安心・安全な旬の野菜を味わえる。
hibikigozen.jpg
↑多種多彩な旬の恵をギュッと詰め込んだ「農園かご盛りランチ」ご飯とスープ、ドリンク付きで1,000円
hibikikaree.jpg
 また、店内では果実の味をギュッと濃縮した手作りのジュースやジャム、ケーキやスイーツなども販売しており、お土産などにも好評なようだ。
hibikihanbai.jpg
hanayoubi3.jpg
◎場所/十和田市穂並町14‐5
◎電話番号/0176‐25‐7555
◎営業時間/午前11:00~午後5:00
◎定休日/毎週日曜日 ◎駐車場/あり
hanayoubi4.jpg
 穂並町の住宅街に平成8年にオープンした「カフェレストラン花曜日」がある。中に入るとお洒落な内装が広がり、可愛い小物などが店内に飾ってあり、見て楽しめる華やかさと落ち着いた雰囲気がある。ボリュームのあるランチセットや、話題となる8㎝にカットして焼いたメープルトーストの上に8㎝の高さのアイスを乗せたメープルトーストセットなど子どもから大人まで幅広い年齢層から支持を受けている。男性でもお腹いっぱいになるハンバーグorピザセットの他にもカレーやシチューなどもあり、軽食のケーキセットも女性に大人気。また、夏は庭園も開放してあり、ペット連れのお客様も受け入れるようにし、授乳の必要な母親のための個室となる小さなハウスもある。
hanayoubi1.jpg
↑お得で美味しいボリュームのあるランチセット(写真はAランチのハンバーグセット880円・ドリンク付)
hanayoubi2.jpg
↑女性に大人気!ここでしか食べられないメープルトースト(サラダorコーヒー付で850円)
padog4.jpg
◎場所/十和田市東三番町2‐30 ヤネニビル1F
◎電話番号/0176‐25‐6927
◎営業時間/午前11:30~午後2:00(※ラストオーダー午後1:30)/午後5:30~午後9:00(※ラストオーダー午後8:00)
◎定休日/毎週火曜日 ◎駐車場/あり
 十和田シティホテル(旧下山旅館)の斜め向かいにあるお店。創業は2008年、今年で7年目となる。昼は喫茶店、夜は居酒屋のように表情を変えるお店「厨房パドック」の店内は6席あるカウンター、少人数用のテーブル席、宴会用の小上がり(20名前後)があり、お一人様から団体客までを受け入れることができる。店内に入ると視界に入る水槽の中には、オープン当初から少しずつ増えてきたというたくさんの金魚が泳いでいて、お店と同じように大事にされているようにも感じた。メインの「こだわりのカレー」以外にもおすすめできるメニューが豊富にあり、夜にはメニューにない料理などもおまかせコースで提供しているという。
padog2.jpg

padog3.jpg
padog1.jpg
dongurimise.jpg
◎場所/十和田市東二十番町2‐39
◎電話番号/0176‐22‐5733
◎営業時間/
ランチ:午前11:00~午後3:00
居酒屋:午後6:00~午後11:00
◎定休日/日曜日・祝日(臨時休あり)
◎駐車場/なし(近くに有料駐車場あり)
 富士屋ホテル第二駐車場の向かいに小さな路地があり、奥に進むとランチ&居酒屋「どんぐり」がある。
 平成23年に旧やすらぎから移転し、新規オープンとなった。カウンター席が6席、小上がりが2つある昔ながらの落ち着いた雰囲気の店内。いいとは言えない立地を気にしないかのようにお昼から店内は賑わっている。理由はALL600円の定食。約10種類のボリュームのある人気の定食が600円でお腹いっぱい食べられる。また、コーヒーもランチに100円で付けれる。お昼はランチで食事、夜は居酒屋になってお酒も楽しめる。お弁当もあり、予約制となるが500円で提供している。
donguriterimayo.jpg
dongurichirimayo.jpg
gyuurakukan3.jpg
◎場所/十和田市三本木字一本木沢91‐2
◎電話番号/0176‐25‐3605
◎営業時間/午前11:00~午後2:00(ランチ)/午後5:00~午後10:00
(※ラストオーダーは午後9:00)
◎定休日/水曜日  ◎駐車場/有り
 4号バイパスと東北町へ向かう交差点の手前、一本木沢温泉と同じ駐車場内に十和田湖和牛「牛楽館」がある。牛肉はすべてりんご飼料の十和田湖和牛というこだわりあり、和牛の肉と脂に旨味と甘みがぎゅ~っと詰まっている。
 今年で創業12年目を迎える牛楽館に入ると子どもから団体客まで受け入れられる小上がり席と大きめな6人掛けのテーブル席が2つあり、気さくな女性だけの店員にファンも多くいるようだ。和牛だけではくガーリックポークや短角牛もリーズナブルな値段で提供している。おススメは和牛の様々な部位を贅沢に食べられる「おまかせ9品盛り合せ」、一人でも団体で行っても外せない一品だ。現在は忘・新年会に向けて充実の宴会コースを承り中!ご予約はお早めに。
gyuurakukan1.jpg
gyuurakukan2.jpg
tarihogaikan.jpg
◎場所/十和田市三本木稲吉15‐221
◎電話番号/0176‐58‐6441
◎営業時間/午前11:00~午後2:00(ランチ)
◎定休日/日曜日  ◎駐車場/有り
 国道102号線(旧45号線)を十和田市から八戸方面へ向かう途中、右手に食事処と整体が併設したお店がある。「ボディバランスケア亜門」の隣にある「ガーデンキッチン垂穂」は身体の外だけではなく中から健康にしていこうと平成24年にオープンした。「ココロとカラダが喜ぶ食」をお店のテーマとし、地産にこだわり、健康を意識したバランスのよい食事が低価格(500円)で提供され、男性客はもちろん豊富な種類のメニューに女性のリピート客も多い。また、十和田市の支援事業を活用し開発加工した「十和田ごぼうビーフシチュー」はユニークなごぼう柄のパッケージにバトンのような形でお土産や贈答品として人気があり販売されている。時間の忙しいお客様の事も考え、仕出しも予約を受け付けていて500円からの注文出来るお弁当やオードブル(3,500円~)も好評だ。
tarihosobasarda.jpg
↑茶そばサラダ 500円

tarihonanbann.jpg
↑チキン南蛮定食 500円

tarihogobou.jpg
↑新メニューの十和田ごぼうビーフシチュー 1,000円(持ち帰りも可)

ramzen.jpg
◎場所/十和田市相坂字長漕147‐2
◎電話番号/0176‐24‐9607
◎営業時間/午前10:00~(月・火・木は午後6時まで/金・土・日は午後9時まで)
◎定休日/水曜日  ◎駐車場/有り
 相坂にある交差点を大池神社の方へ進んでいくと、市内では珍しくラム肉をあつかっている「ラム善」がある。2004年に穂並町にオープンし、2007年に現在の場所に移転した。当初はラムの精肉の全国販売をメインとしていたがお客様からの要望もあり、翌年に店内で飲食も出来るように増改築した。店内ではテーブル席が7つ、高台の見晴らしのいい大きな窓が広がる。持ち帰りも可。仔羊(ラム)は臭いにクセのある成羊(マトン)とは違い柔らかくてビタミンなどの栄養価も高く、低カロリー、貧血予防効果など女性が嬉しい特徴を持っている。ジンギスカン鍋セットやラムしゃぶセットなど他店ではあまり見かけないメニューの他にも、牛・豚・鳥などを調理した定食料理や、単品注文での焼肉スタイル、肉以外にもチャーハンやラーメンなど好みや人数に合わせて選ぶことができ、幅広い年齢層からの支持を受けている。
ramubarateisyoku.jpg
tantanmen.jpg

miraikann.jpg
◎場所/十和田市大字奥瀬字堰道39‐1
◎電話番号/0176‐72‐3341
◎営業時間/午前11:00~午後7時(ラストオーダー午後6時30分)
◎定休日/水曜日(※冬季12月31日~3月31日は休館) ◎駐車場/多数有り
 十和田湖へ向かう途中にある道の駅・奥入瀬ろまんパークの構内にあるステーキ自慢の素敵なレストラン。店名の「味蕾」とは味覚を感じる器官の名前。自信を持って十和田湖牛を味わってもらいたい想いから命名した。木調で統一した店内へ入ると客席の中央には鉄板の調理台があり、ステーキを注文すると肉を焼く匂いと音が聞こえる距離でシェフが焼いてくれる。地産にこだわったステーキやハンバーグ、カレーやシチューなどが楽しめるだけではなく、奥入瀬の美味しい水で仕込んだ人気の地ビールもアジアビアカップで2度も金賞を受賞するなど食べても飲んでも満足できる味わいに地元の人はもちろん市外のお客様も多数来店している。
suteekimirai.jpg
hanbargumirai.jpg
1  2  3